見出し画像

角幡唯介さんの「今月の必読書」…『WAYFINDING 道を見つける力 人類はナビゲーションで進化した』

移動は生きるためでなく人間の存在そのもの

人類は太古より自然のなかで暮らし経験と知恵を獲得し、現在の肉体と精神をもつにいたった。ではその自然との関わりの始原には一体どのような経験があったのだろう。25年ほど探検をつづけて私が個人的に始原的行為と感じるのは次の2つだ。一つは狩猟、もう一つはナビゲーションである。

狩猟はわかりやすい。狩りは生きるために動物を殺生する行為であり、そこから人類の感性は形成され、神話が語られ、世界観や自然観が作られた。しかしナビゲーションがなぜ始原なのか?

だがナビゲーションこそ始原中の始原なのだ、と私は思う。

人は空間を移動する存在であり、太古の昔に移動することは未知の世界に飛び出すことに等しかった。そのとき人の移動を支えたものは何だったのか。それは周囲にあまねく散らばる自然界の事物である。

何も無い場所はこの地球上に存在しない。イヌイットは広漠とした氷原で風紋を手がかりに旅をし、オーストラリア先住民は不毛と思える大地でソングラインという移動路をつくりあげ、南太平洋の航法師は波の動きや星の煌きを頼りに広大な海をわたった。まったく手がかりのないような場所でも人は必ず目印を見つけ記憶に定着させることで、無辺な広がりのどこに自分がいるのかを把握しようとつとめてきた。

この続きをみるには

この続き: 565文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。