同級生交歓

同級生交歓ーー富山県立富山中部高校 (昭和54年卒)【全文公開】

(右から)
双日総合研究所チーフエコノミスト 吉崎達彦

厚生労働省栃木労働局長 浅野浩美

資生堂常勤監査役 宇野晶子

カターレ富山代表取締役社長 山田彰弘

【トメ】

富山県富山市 富山県総合運動公園陸上競技場にて(撮影・山元茂樹)

 山田彰弘が執行役員・富山支店長を最後に北陸電力を退任し、今年6月に地元サッカークラブ・カターレ富山(J3)の社長に就任した。

 ともに県立富山中部高校を卒業して今年で40年、同級生3人がカターレのホームである富山県総合運動公園に参集した。

 ユニフォーム姿の山田君を励ますチアガールズは浅野浩美(旧姓:並木)と宇野晶子(同:松山)。容姿も口調も昔のままで、違いはと言えば「ウチの子ども」の話が出ることくらいか。一同でサッカークラブ経営の苦労話を拝聴した。

 この日のカターレは、天皇杯で格上のベガルタ仙台を相手に0-1で惜敗。ちゃんと勝たーれ。郷里のチーム、ワシらも応援しとっちゃ。(吉崎)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
1
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。