日本語探偵【ら】「ら抜きことば」がスタンダードになる日 飯間浩明
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本語探偵【ら】「ら抜きことば」がスタンダードになる日 飯間浩明

文藝春秋digital
国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【ら】「ら抜きことば」がスタンダードになる日

新型コロナウイルス関連のニュースにかき消され、あまり話題になりませんでしたが、9月下旬に「国語に関する世論調査」の結果が公表されました。文化庁が毎年度行っている調査です。

調査の目玉は「不要不急」「コロナ禍」などのコロナ関連語がどの程度定着しているかというものでした。でも、私の関心はそこにはありませんでした。私が注目したのは、報告書の後半にある「ら抜きことば」の調査結果でした。

文化庁のこの調査では、「ら抜きことば」を使うかどうかが5年ごとに質問項目に入ります。「ら抜き」の進行具合を知る手がかりになります。

たとえば、「来られます」と「来れます」はこの10年ほどはほぼ拮抗していましたが、今回は前者が約46%、後者が約52%で、「来れます」がわずかに優勢になりました。「ら抜き」の形が少しずつ勢力を広げ、本来の形の「来られます」は旗色が悪くなっています。

同様の傾向は、すでに「見られた」と「見れた」にも現れていました。当初は拮抗していましたが、前回(2015年度)の調査で「見れた」が優勢になり、今回また少し差を広げました。

この続きをみるには

この続き: 509文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。