文藝春秋digital
ガラスの天井 芳野友子
見出し画像

ガラスの天井 芳野友子

文藝春秋digital
文・芳野友子(日本労働組合総連合会会長)

2021年10月6日、日本労働組合総連合会(連合)の新会長に就任しました。女性初の会長として注目もされましたが、「芳野って誰なの?」と疑問を持たれている方も多いでしょう。自己紹介も兼ねて、自分の人生を少し振り返ってみようと思います。

私が社会人になったのは、1984年。高校を卒業後、ミシンメーカーのJUKIに就職しました。ミシンと言うと女性っぽいイメージを持たれますが、製造業なので圧倒的に男性が多い職場でした。

入社は、男女雇用機会均等法成立(1985年)の直前。均等法についての議論は始まっていたものの、どこか遠い世界の出来事のように感じていました。多くの企業がそうだったように、JUKIでも初任給の額は男女で差があり、新入社員研修も男女別におこなわれていました。女性の研修は、電話のとり方などの接遇がメインでした。

当時は、女性は結婚・出産をしたら退職するのが当たり前の時代。待遇の差を実感することがあっても、「そんなもんかな」くらいの感想しか持っていなかったのです。

「組合の専従職員にならないか」

先輩から声をかけられたのは、入社2年目。社内報の新入社員紹介で、幼い頃からバレエを続けてきたと書いたのですが、「1つのことを長く続けられるのは素晴らしい」と評価されたようでした。

組合に特に関心はなかったのですが、今の部署にいると、大きな異動もなく、1カ月単位での在庫管理が続いていく。そんな会社人生を想像すると、「なんか、つまんないなぁ」と思ってしまったのですね。職場異動のつもりで、専従職員を引き受けました。

結果的に、これが私のターニングポイントになりました。専従になると、“ある違和感”が芽生え始めました。組合には女性社員から様々な声が集まってきますが、それを執行部に伝えると、「それって女性のワガママだよね?」という反応が多かったのです。

この続きをみるには

この続き: 976文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。