コロナ禍と演劇 吉田智誉樹
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍と演劇 吉田智誉樹

文・吉田智誉樹(劇団四季社長)

劇団四季は昨年から今年にかけて、首都圏に三軒の新劇場をオープンしました。竹芝のJR東日本四季劇場[春][秋]、そして有明四季劇場です。[春]では、『アナと雪の女王』をロングランし、[秋]では来年1月まで『オペラ座の怪人』を、有明では、四季劇場[夏](大井町)のクローズに伴い、『ライオンキング』を移設して上演しています。観劇にいらした知人からは、「コロナ禍の中で新しい劇場を次々に開けるなんて、四季さんも強気ですね」という、半ば同情のニュアンスが漂うお言葉をいただくことも多く、その都度、「劇場の建設は何年も前から計画されていますので、途中でストップすることなどできません」と苦笑しながら応えています。とにかく収束を信じて前に進む他はないのですが、それでも昨年の前半には、この感染症とどう戦って良いかが分からず、途方に暮れていた時期がありました。

そんな折、雑誌に掲載されていたある方のインタビューを目にしたのです。そこには、「アフターコロナのようなものはない。以前からあることは加速するが、これまで起こっていないことは、いずれ元に戻る」と書いてありました。この時期、政府や自治体を含め世間一般に、演劇はネット配信など映像を使った代替策を研究して、そこで生き残る方法を考えるべきだというムードが存在していたように思います。私はこれに強い違和感を抱いていたので、記事を読んで腑に落ち、煩悶していた自分の気持ちが代弁されたように感じました。

この続きをみるには

この続き: 1,105文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。