大山倍達 「空手バカ一代」への脅迫状 松井章奎 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

大山倍達 「空手バカ一代」への脅迫状 松井章奎 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
劇画『空手バカ一代』のモデルであり、国際空手道連盟極真会館の創始者でもある大山倍達(1923~1994)。彼を“人生の師”と仰ぎ、死後、遺言指名によって極真会館館長となった松井章奎氏が知られざる逸話を語る。/文・松井章奎(極真会館館長)

語り部・松井章圭

松井氏

『空手バカ一代』で初めて、素手で牛を倒す場面などを読んで「こんな人本当にいるのかな」と子供心に衝撃を受けました。後に劇画はかなり脚色されていたと知りましたが、実際の大山先生の人生はそれ以上の波乱に満ちていたと思います。

先生は、青年時代に、政治家に憧れていて、日韓併合時代の朝鮮から“アジアは一体”という高い志を持って来日し(極真会館設立後に帰化)一時は大東亜共栄圏の思想に傾倒したとも聞いています。祖国が分裂し、共産主義の台頭もあった。混沌とした時代を生き抜くため自らを鍛え、空手道を究め、結果的に極真会館創設へとつながったんです。

大山倍達

大山倍達

ある日、先生が懇意にしていた方の子息に10円玉を指で曲げる神業を見せたことがあったそうです。それを見た彼は弟子入りを志願したのですが、先生は「坊や、君は空手なんかやらなくてもいい。大きくなったら私のような男を使う男になれ」と諭したそうです。“腕力ではない、社会的な強さを持て”と伝えたかったのでしょう。先生が創設した極真会館も、空手道の普及を通じて社会体育として国際的に広がりを持たせる、との理念を持っていたからこそ、冠にわざわざ「国際空手道連盟」と付けたのだと思います。

この続きをみるには

この続き: 219文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。