見出し画像

スターは楽し タイロン・パワー|芝山幹郎

文藝春秋digital

「スターは楽し」タイロン・パワー

タイロン・パワー
Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ

二枚目以外を求めた二枚目

ギレルモ・デル・トロが『ナイトメア・アリー』(2021)という新作を撮った。主演はブラッドリー・クーパー。題名を聞いて、おやと思った人は少なくないのではないか。

お察しのとおり、これは『悪魔の往く町』(1947)のリメイクだ。こちらの原題も『ナイトメア・アリー』で、監督がエドマンド・グールディング。というより、タイロン・パワーが主演して新境地を開いた映画と呼ぶべきだろう。当人も「私の出演作のなかで一番好きな映画」と公言してはばからなかった。

この映画はフィルム・ノワールの変種である。描かれている背景を見れば、カーニヴァル・ノワールと呼ぶべきかもしれない。タイロン・パワーが演じたスタン・カーライルはいかがわしい流れ者だ。そんな男が全米を移動する演芸団の一座に潜り込み、やがて独立した奇術師として名を売るのだが、最後は……。

という内容だから、愛欲や陰謀や残酷描写がしばしば顔を出す。とくにデル・トロ版では、お馴染みのグロテスクで悪夢的なイメージが頭に絡みつく。

この続きをみるには

この続き: 1,588文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!