20190606BN00105_トリム済み

新天皇・雅子皇后の素顔「ニューヨークで主人との思い出を」【全文公開】

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。

文・橋本久美子(橋本龍太郎元首相夫人)

 とても失礼な言い方ですが、主人(故・龍太郎氏)は陛下に対して息子のような親しみを抱いていました。山が共通の趣味で、同じ日本山岳会の会員でした。

 深いご縁ができたのは、「世界水フォーラム」がきっかけです。水に関するさまざまな問題について話し合う、3年に1度の国際会議です。2003年に第3回大会が京都で開かれる際、運営委員長になった主人が陛下を口説いて、名誉総裁になっていただきました。第2回大会では、開催国オランダの皇太子が議長だったため、学生時代から水運を専門に研究されていた陛下に、主人はどうしてもお願いしたかったのです。

 陛下はこの大会をきっかけに、水不足や水害の問題にもご関心を広げられたそうです。その翌年に国連が設立した「水と衛生に関する諮問委員会」でも、主人が初代議長を務め、陛下は2007年から名誉総裁をお務めになりました。

 私の大切な思い出は、2015年にニューヨークで開かれた、この諮問委員会の最終会合です。陛下は英語で見事なスピーチをされました。2006年に亡くなった主人のことを皆さんが偲んでくださって、私も呼んでいただいたのです。夜のレセプションや日本の総領事公邸で開かれた夕食会で、陛下とご一緒しました。主人の思い出を気さくに話してくださったことが忘れられません。

 今年4月に出版された『水運史から世界の水へ』(NHK出版)というご著書も届けてくださいました。主人も申していたのですが、陛下が水というグローバルなテーマに取り組まれるのは、とても素晴らしいことだと思います。

 雅子さまは2009年、私が会長を仰せつかっていた婦人発明家協会が年に1度開いている発明コンクール「なるほど展」にお運びくださいました(新宿・京王百貨店)。いろいろな発明品をご案内すると、「愛子が喜びそうです」と、興味深そうにご覧くださいました。

 ご静養が続いていた雅子さまにとって、3年ぶりの単独ご公務だったのですが、無事にお出ましいただいて安心したことを覚えています。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。