見出し画像

新天皇・雅子皇后の素顔「手をつないだ写真がない!」【全文公開】

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。

文・河崎文雄(光文社元皇室担当カメラマン)

画像1

 天皇陛下の山登りを初めて取材したのは、週刊誌「女性自身」の皇室担当になってすぐのことでした。私は山登りが得意なので、陛下の健脚にもついていけるだろうと皇室担当を任されたのです。

 約35年前、昭和の時代はまだ取材陣との距離感が近かったと思います。山頂に着くと「いい景色ですね」とお声をかけていただいたり、私も「そんなに撮影したらフィルムが足りなくなりますよ」と話しかけました。山頂で陛下を囲んで記念撮影するのも恒例でした。

 ご結婚後は、雅子さまも山にご一緒されるようになりました。お揃いのウエストポーチに新婚のご夫婦らしい初々しさを感じたものです。「雅子さまは山登りが好きじゃないだろう」と邪推する人もいましたが、陛下といくつも高い山に登り、「なかなかの健脚だ」と評判でした。

 ご結婚からしばらくすると、編集部で「おふたりが手をつないだ写真がない!」と話題になりました。上皇ご夫妻がよく手をつながれるのとは対照的です。「よし、山なら手をとる瞬間があるはずだ」とカメラマン魂に火がつき、足元の悪い場所などで何度も狙ったのに結局1枚も撮れませんでした。陛下はとても奥さん思いですけれど、人前で手をつなぐのは照れ臭いのかもしれません。

“新婚旅行”となった中東訪問やベルギー訪問など、海外にもよく同行させてもらいました(カラーグラビア参照)。ファインダー越しに見るおふたりは、実にイキイキとされています。とくに雅子さまは王族や要人とも自然体で話され、さすがは元外交官だと感心することがしばしばありました。

 長年撮影してきた身としては、日本を離れたときぐらい、もっと自由に振る舞われていいと思います。両陛下が笑顔の写真をたくさん見られると、私たち国民もうれしくなり、安心できるはずです。

画像2

天皇と一緒に登山する筆者(右)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&WEBオリジナル記事が読み放題。過去記事アーカイブも充実。記事単体の購入よりも圧倒的にお得です。

記事へのご意見・ご感想を募集しています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&WEBオリジナル記事が読み放題。過去記事アーカイブも充実。記事単体の購入よりも圧倒的にお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。