見出し画像

ヴォヤージュ・デュ・ショコラ|真野重雄

文・真野重雄(三越伊勢丹バイヤー)

1月27日から2月2日まで、新宿NSビルで催された「サロン・デュ・ショコラ2020東京」が、盛況のうちに幕を下ろしました。22カ国、126のブランドが集まり、数万人ものお客様にお愉しみいただきました。

サロン・デュ・ショコラは、パリで生まれたイベントです。伊勢丹(現:株式会社三越伊勢丹)の主催で行うようになったのは17年前。混雑緩和のために2018年から入場料をいただき、時間予約制を導入しました。海外から来る有名なショコラティエに一目会いたいというお客様も多く、中にはカタログにサインをもらう方もいらっしゃいます。

私がサロン・デュ・ショコラの担当バイヤーになったのは2017年のこと。実はそれまで、チョコレートに特段の興味はなかったんです。

2001年の入社以来、主に生鮮食品を担当していました。12年間配属された伊勢丹立川店で力を入れたのは“お米”です。都心から離れた店舗では、ただ待っていてもお客様は来てくれません。そこで、全国の米農家を回り、生産者の顔が見える売り場づくりに取り組みました。作り手の個性をお客様に伝えたいと今も思うのは、この経験がきっかけでもあります。

密かな自慢ですが、私が担当していた頃の、伊勢丹グループ内のお米の売り上げは、伊勢丹新宿店を抜いて立川店がトップだったんです。そして、東日本大震災のときも、様々な地域の農家さんがお米や水を店舗に送り、支援してくれました。

当時知り合った農家さんとは、今でも付き合いがあり、田植えの時期には手伝いをしています。畑作りにも興味が湧き、トマトやナスの家庭菜園も始めました。ただ、本業が忙しく、自分の時間が取れないことが悩みです。隣の畑に迷惑がかからないように、雑草取りだけは欠かしていませんが……。

サロン・デュ・ショコラは、その年の催しが終わると、休む間もなく翌年の準備を始めます。例年、5月にパリに出張し、7月には各ブランドのショコラの内容をほぼ固めます。ヨーロッパはバカンスがあり、冬は本国でのクリスマス商戦もあるので、夏の前に決める必要があるのです。

この続きをみるには

この続き: 854文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。