見出し画像

至福の贈り物10 石破茂「自分の好みで選ばない」

文藝春秋digital
文・石破茂(衆議院議員)

画像2

石破さん

自分の好みで選ばない

以前、ある国の政府高官からいただいた贈り物が、重さ20キロはある貴石の飾り物だったことがありました。お気持ちは有難いけれど……。

そんな経験もあって、私が外国の要人に贈り物をする際、大事にしている条件があります。まず、日本国の肩書を背負うので自分の好みだけで選ばないこと。次に、日本らしいものであること。そして、相手に過度な心理的負担を与えないこと。小さく、軽く、部下や御夫人へのプレゼントにもなるもので、かつ秘書が適当に選んだと思われないものが望ましい。

宮内庁御用達の老舗、漆器 山田平安堂さんの器は、以上の条件にピッタリ当てはまります。英語で「japan」と呼ばれる漆器は日本文化を伝える最適の一品。直近の海外訪問にも持って伺いました。

画像3

この続きをみるには

この続き: 172文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!