文藝春秋digital記事TOP美女アスリート

東京オリンピック2020美女アスリート図鑑【全文公開】

あと200日に迫った東京五輪。果たしてどんなドラマが待っているのだろうか。文藝春秋厳選、大注目の美女アスリートたちを一挙紹介!

清水希容(空手)Kiyo Shimizu

1993年12月7日大阪府生まれ。今回、正式種目となる空手「女子形」の部メダル最有力候補。全日本選手権6連覇(2013〜18年)中で世界選手権は2度の優勝を誇る。©Chihiro Kano

画像1

画像2

「やっぱり、1番は優勝を必ずとは思っています。五輪は自分も出たことがないので未知ですが、みんなよく『魔物がいる』というので、それに負けないようにしっかりと準備したいです。本番までにどれだけ準備できたかが、金メダリストになれるかどうかにとって1番重要だと思っているので」

 東京五輪で正式種目となった空手。「形」の部で金メダル有力候補の清水希容選手が、自国開催のオリンピックへの意気込みを語った。

 確かにオリンピックには魔物がいる。「金メダルは絶対」と言われた多くの選手がその餌食となってきた。

 だが、オリンピックには女神も微笑む。今回紹介するアスリートは、メダル候補から代表当落線上の選手までそれぞれだが、みな東京の舞台での活躍を夢見て猛練習に励んでいる。

 2020年7月24日開幕。56年ぶりに東京で開かれるスポーツの祭典で、果たしてどんな“華”が咲くのだろうか。

画像3

大橋悠依(競泳)Yui Ohashi

1995年10月18日滋賀県生まれ。専門は個人メドレー。2017年の世界水泳選手権、個人メドレー200mで銀、19年の世界水泳、同400mで銅と2大会連続でメダルを獲得。©Getty Images

画像4

八木かなえ(ウェイトリフティング)Kanae Yagi

1992年7月16日兵庫県生まれ。幼いころに器械体操を始め2008年、重量挙げに転向。12年のロンドン(12位)、16年のリオ(6位)に続き3大会連続の五輪出場を狙う。©Getty Images

画像5

重本沙絵(パラリンピック陸上)Sae Shigemoto

1994年10月28日北海道生まれ。陸上競技障害クラスT47。2016年のリオパラリンピック陸上400mで銅メダル。17年の世界パラ陸上選手権でも同種目で銅メダルを獲得。©Getty Images

画像6

佐藤友佳(やり投げ)Yuka Sato

1992年7月21日大阪府生まれ。高校時代からやり投げを本格的に始め、2018年、19年の日本選手権で2位。今年10月にドーハで行われた世界選手権の日本代表にも選出。身長162㎝。©AFLO

画像7

長崎望未(ソフトボール)Nozomi Nagasaki

1992年6月19日愛媛県生まれ。外野手。高校卒業後の2011年にトヨタ自動車女子ソフトボール部入部。18年まで本塁打王、打点王2回、ベストナイン6回の成績を収める。©AFLO

画像8

松井優茄(テコンドー)Yuna Matsui

1994年3月22日東京都生まれ。小学校2年生から競技を始め、全日本選手権優勝2回(2015年、17年)。練習も試合も常にフルメイク。ノーメイクでは「気持ちが入らない」と公言。©Getty Images

才藤歩夢(アフロ)本データ

才藤歩夢(近代五種/フェンシング)Ayumu Saito

1996年9月14日東京都生まれ。幼少期より近代五種競技を始め、得意とするフェンシング単体でも国内大会で上位の成績を収めつづけている。東京五輪では2種目での日本代表選出を目指している。©AFLO

画像10

清水綾乃(ライフル射撃)Ayano Shimizu

1990年11月18日岐阜県生まれ。中学2年生の時に射撃をはじめ、大学卒業後は自衛隊体育学校に所属する自衛官に。2018年のW杯昌原大会「50mライフル三姿勢女子」で自己最高の5位入賞。©AFLO



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。