【99-教育】教育格差是正に向け 地道な策から逃げるな|松岡亮二
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【99-教育】教育格差是正に向け 地道な策から逃げるな|松岡亮二

文・松岡亮二(早稲田大学准教授)

日本は「教育格差社会」

本人が選ぶことのできない育った家庭の社会経済的地位(Socioeconomic status, 以下SES)、出身地域、性別といった「生まれ」によって、教育達成に差があることを「教育格差」と呼ぶ。頻繁に混同される言葉に「学歴格差」があるが、これは最終学歴によって大企業で雇用されやすいといった就職機会など学歴による様々な便益の差を意味する。

日本は他国と比べると標準化された義務教育制度を持っているので、どんな「生まれ」であっても教育機会が付与されている以上、後は本人の能力と努力次第といった見做しが共有されやすい。しかし、拙著『教育格差』(ちくま新書)に未就学から高校まで様々な視角のデータを示したように、この「同じ教育機会」は幻想に過ぎない。たとえば、98%の児童が通う公立小学校であっても、地域のSESによって平均的な学力や通塾率など、学校間には様々な格差がある。居住地域ごとに別世界であり、どんな同級生がいるのかはSESとは無縁ではないのだ。また、拙著で国際比較のデータを示したように、日本は「凡庸な教育格差社会」に過ぎない。

コロナ禍に限らず、「新しい時代」といった「変化」を語り、警鐘を鳴らす言説をメディアで目にすることが多い。確かに戦後、日本だけではなく世界は大きな変動を繰り返してきた。「変わりつつあるもの」は耳目を集めるが、まずは、時代を超えて「変わってこなかったもの」と向き合うべきではないだろうか。何しろ「生まれ」の相対的有利さ・不利さによる「教育格差」は、多少の拡大縮小を伴いながらも大勢としては戦後に育ったすべての世代で存在してきた。日本は「生まれ」によって教育達成が異なる「教育格差社会」なのだ。

「教育格差」の一部である「子どもの貧困」も「変わってこなかったもの」といえる。拙著で示したように、1980年代に「子どもの貧困」はメディアでほとんど取り上げられなかった。しかし、当時は相対的な貧困率が低かったとはいえ子供の人口規模が大きかったので、近年と同じぐらいの人数が相対的貧困下にあった。メディアによる注目度が「変化」しただけで、「子どもの貧困」は大きな規模でずっと存在してきたのである。

この続きをみるには

この続き: 1,700文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ピンチをチャンスに変える力――それが「教養」だ! これ1つで、小論文対策をしたい高校生、レポートに困っている大学生、豊富な知識を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。教養人に必須のマガジンです。

【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。