黒柳徹子 今も毎晩スクワット50回 田沼武能 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

黒柳徹子 今も毎晩スクワット50回 田沼武能 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
女優でテレビ司会者、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』でも知られる黒柳徹子(88)は、1984年からユニセフ親善大使の活動を続けている。親善訪問に毎回同行する写真家の田沼武能氏が回想する。/文・田沼武能(写真家)

「トット! トット!」

1984年、初めて訪れた東アフリカのタンザニアでのこと。村長が子どもたちに向かってそう黒柳さんの愛称を叫んでいる。実は、ここでの「トット」は、スワヒリ語で子どもという意味。そんな偶然の一致から私たちの活動ははじまりました。

内戦や自然災害、干ばつなどによる飢餓や貧困に苦しむ子どもたちの前では、黒柳さんは一度たりとも涙を見せたことはありません。

「触れ合うことが大事だ」と言い、カンボジアの孤児院では子どもたちにこわれ背中に乗せてお馬さんになったり、どの国の子どもも彼女には警戒心を解いて笑顔になるんです。

いちばん危ない目に遭った国は1996年、紛争直後のボスニア・ヘルツェゴビナ。地元警察が、私たちのバスを略奪しようと数時間拘束した。そんな状況下でも、彼女は歌を歌ってみんなの気が紛れるようにしてくれました。さらにはバスから出ていってやっと見つけたお店でトマトを籠いっぱいに買い、それを警察署内で洗ってみんなにふるまった(笑)。

黒柳徹子

黒柳徹子

この続きをみるには

この続き: 318文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。