新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【次原悦子】わたしのコロナ感染記|私がツイッターで感染を公表した理由

文・次原悦子(サニーサイドアップ代表取締役社長)

「濃厚接触は確認されない」とCOCOAは表示

私の場合、昨年12月30日に味覚嗅覚がないことに気づきました。平熱でしたが、最速で予約の取れた民間の検査業者にPCR検査を申し込み、対応いただけたのが1月2日でした。そして検査キットの受け渡しが、なんと渋谷駅のハチ公前。コロナに感染しているかもしれないのに、人の多い場所に行っていいのかと心配になりました。赤い帽子をかぶったスタッフのかたからキットを受け取り、その場で自分の唾液を入れて渡しました。当日午後には陽性と判明。人と接触する機会も多い業種なので、抗原検査キットを購入して私も何度か検査を受けていましたが、この受け渡しがあまりに衝撃的でした。驚く実情をお知らせしたくてTwitterに情報を発信しました。

画像3

渋谷のハチ公前で検査キットを受け取った

周囲からは上場企業の社長が感染したことをわざわざ公表しなくていいのではといわれました。私は幸いにも年末に発症し、感染させる可能性がある時期には、仕事関係のかたとの接触は一切なかったのですが、私と関わったかたからは、自分は濃厚接触者になるのかと問い合わせが多く寄せられました。会社のスタッフも「あなたもコロナなんじゃない?」という言葉をかけられたり、打ち合わせがキャンセルになったこともあったようです。ただ、感染がわかったあとに一体何が起きて、日常がどう変わるのか。ネットで検索しても過程の情報が得られなかったのでTwitterで発信し続けました。

ひとつはCOCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)の実態です。まず自分がどこで感染したかを知りたくてアプリを確認すると、過去14日間「陽性者との接触は確認されません」と表示されました。同居する家族のスマホも同じでした。陽性が判明するとCOCOAへ自動的に登録されると思っていたのですが、実は陽性者自身がアプリに登録しなければいけません。登録には保健所へ連絡して番号をもらい、本人がその番号を登録します。時間と手間がかかるので登録しない人は多い気がします。一般的にコロナは発症2日前から発症後7~10日間ほど感染させる可能性があるとされています。誰かに感染させていたらと不安に押しつぶされそうでしたが、幸い年末年始は家族以外とは会っておらず、少しだけ気持ちが楽になりました。でも私の陽性登録後も家人のCOCOAには「濃厚接触は確認されない」と表示されました。突貫で作られたアプリなので完全でないのかもしれません。ただアプリだけを頼りにしてはいけないと痛感しました。

コロナ感染_次原さん

感染しても「陽性者との接触がない」と表示されるアプリ

ペッパーくんと無言の感染者

この続きをみるには

この続き: 1,698文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。