新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ハワード・ストリンガー(ソニー元CEO)「心優しい出井さん」

文藝春秋digital
文・ハワード・ストリンガー(ソニー元CEO)

“病気が完全に回復して元気になれば、イギリスに飛んで、あなたに直接会いに行きます。本当に久しぶりなので、積もる話がたくさんあります!”

ついこの4月にもこんな連絡をくれていたのに、あの懐かしい出井伸之さんがまさか亡くなるなんて……。

ちょっとした手術をするとは聞いていたから、病気であることは知っていました。5月の80歳の誕生パーティに大切なゲストの1人として招待したいと連絡を取り合っていたところだったのです。

1月に電話で話したあと、“Covidのせいで本当に長い間、海外に行っていないので、私の英語もさびついてしまいました。私のゆっくりした会話をどうかお許しください”と丁寧に書いて寄越したことも思い出します。

日本では、出井さんは英語の達人と思われているかもしれませんが、けっしてGreat Englishを話す人ではありませんでした。彼がアメリカで名だたる経営者たちから尊敬され慕われていたのは、高い知性があり、中身のある人物だったからです。

今から25年前、出井さんは私の目の前に青天の霹靂のように現れました。

私はもともとビジネス界に縁があるわけではなく、米CBSでジャーナリストを20年間やりニュースやドキュメンタリー番組を作っていた人間です。CEOを5年間やり、ホームコメディやテレビショーにも力を注いだので、エンターテインメントのビジネスのことも多少は理解していました。その経歴に目を付け、ソニー・アメリカのトップになってくれないかと声をかけてきたのが出井さんでした。

この続きをみるには

この続き: 1,030文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。