【フル動画】直木賞作家・今村翔吾氏インタビュー「戦国武将のハイブリッド戦争」幸村とゼレンスキー大統領のイメージ戦略
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【フル動画】直木賞作家・今村翔吾氏インタビュー「戦国武将のハイブリッド戦争」幸村とゼレンスキー大統領のイメージ戦略

文藝春秋digital

月刊「文藝春秋」では、「戦争と希望」をテーマに、直木賞作家・今村翔吾さんにインタビューを行いました(聞き手・新谷学編集長、3月30日収録)。

《インタビュー動画はこの記事の最下部にあります》

「戦争をしているのは『人』なのだと改めて感じました」

最新刊『幸村を討て』を含めて、さまざまな「戦」を書いて来られた今村さんへのインタビューは、激化するロシアのウクライナ侵攻の話題からスタートしました。

情報戦の歴史

「ウクライナの人々の、故郷やそこに住む家族、友だち、恋人を思う熱情はとても侮れるものではなかった。愛国心という情緒的な話ではなく、その思いゆえの最後の粘りや一歩踏み出す力というものが、現代においても、ここまで戦局に影響するのかと本当に驚いた」

「真田(幸村)軍も“草の者”と呼ばれる『忍び』、今で言うたら諜報活動をするスパイを用いて積極的に情報操作やイメージ操作を行います。現代の戦争と重なる部分はあるなと。僕はもともと、現代の事象に着想を得て、『逆に歴史小説で表現できるのではないか?』と考えるんです。約2千人の真田軍に対し、徳川軍は4倍もの兵力を持ちます。多勢に無勢の真田軍であるものの、たとえ兵力では劣っても、情報を使った“演出”によってその差を埋めることはできる」

「ゼレンスキー大統領もイメージ戦略に長じていますが、幸村もそうでした。本名は信繁ですが、真田幸村といえば、家康に果敢に挑んだ『日の本一の兵』として語り継がれる英雄です。『世間一般的には、幸村と知られている』とかって付け加えたくなるようなカリスマ的なイメージの“刷り込み“があるんです」

「人が争うのはなぜか、どうして争いが始まるのか。戦争を止める術は、二度と繰り返さない道は……答えは出ないけれど、そこに挑み続けたい。そして、戦の中でこそ光る、希望を書きたいと思っている」

数々の歴史・時代小説を世に送り出してきた作家ならではの視点で見る、現代の戦争と希望とは。話は大いに盛り上がり、最後には、人生経験豊富な今村さんを前に、悩める女性編集部員からの人生相談までが始まって……。ぜひご覧ください。

《この下にインタビュー動画が表示されます》

この続きをみるには

この続き: 23文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。