見出し画像

【終了しました】令和の文芸誌ブーム到来! 『文藝』×『文藝春秋』 編集長が語り合う「文芸編集の世界」【アーカイブ動画あり】

◆「文芸編集の世界」を編集長が語ります

いま、令和の「文芸誌ブーム」が来ているといわれます。

ブームを牽引するのは、河出書房新社が刊行する文芸誌『文藝』です。「韓国・フェミニズム・日本」を特集した2019年秋季号は超異例の3刷となりました。創刊以来86年ぶりのことだといいます。

また、第56回文藝賞を受賞した遠野遥さん(「改良」)、宇佐見りんさん(「かか」)の二人は、それぞれ「破局」で第163回、「推し、燃ゆ」で第164回の芥川賞を受賞。新世代スター作家を立て続けに輩出した『文藝』という雑誌に注目が集まっています。

文藝春秋が刊行する文芸誌『文學界』も、DJ松永さんの新連載が始まったり、村上春樹さんのロングインタビューが掲載されたジャズ特集号を組んで完売を出すなど、多方面で話題を呼んでいます。

一体、文芸誌の世界で何が起こっているのでしょうか?

今回のウェビナーでは、『文藝』編集長の坂上陽子さんをお招きし、「文芸編集の世界」というテーマでお話していただきます。聞き手は、芥川賞受賞作掲載媒体『文藝春秋』編集長の松井一晃です。

『文藝』と『文藝春秋』の編集長2人が語り合う、「文芸誌ブームの今」。ぜひご覧ください。

◆イベント概要

イベント名:『文藝』×『文藝春秋』 編集長が語り合う「文芸編集の世界」

出演:坂上陽子(『文藝』編集長)、松井一晃(『文藝春秋』編集長)

日時:3月3日(水)19時〜20時30分(予定)

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

<<アーカイブ動画は以下にあります>>

この続きをみるには

この続き: 86文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が参加している募集

noteの書き方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。