井深大 技術の前では対等 森尾稔 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

井深大 技術の前では対等 森尾稔 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
終戦の翌年にソニーを設立し、盛田昭夫とともに革新的な製品を世に送り出した井深大(1908~1997)。20代の頃から井深の薫陶を受け、ソニーの副社長、副会長を務めた森尾稔氏が思い出を語る。/文・森尾稔(元ソニー副会長)

語り部・森尾実

森尾氏

井深さんは好奇心の塊でした。

午後2時か3時頃になると、開発現場にふらっと入ってきて、私たち社員の机を覗き込む。「これ何?」と興味深そうに尋ね、新しい技術だとわかると「面白そうだね」とさらに知りたがる。技術の前では、社長も新入社員もない。井深さんと私は31の年齢差があっても、技術については対等に話せました。

私が入社した1963年頃は、指導教授から「あんな町工場みたいなところへなぜいくんだ」と言われたほど、ソニーは小さな会社でした。東京大学の電子工学科で就職を希望したのは私ひとり。大学4年の企業実習で五反田の工場に2週間ほど通ってみたら、職場の雰囲気はいいし、おもしろい仕事ができそうだからと選んだのです。

井深さんは、私が所属した半導体部の会議をのぞくこともありました。思い出深いのは、「トリニトロン」の開発です。私は入社4年目で、トランジスタの回路設計を担当しました。カラーテレビは64年の東京オリンピックから普及し、ラジオで忙しかったソニーは最後発で参入したばかりでした。

当時のカラーテレビは、部屋の明かりを消して観るほど画面が暗く、とにかく明るくすることが至上命題。真空管がないオールトランジスタのカラーテレビに挑戦していました。

その開発中に、井深さんは「キリリティ」という造語を生み出しました。解像度は同じでも、キリッと映るブラウン管とそうでないものがある。「こっちのほうがキリリティが高いな」と言い出したのです。既存のモノサシに縛られない井深さんらしい評価基準でした。

井深大

井深大

トリニトロンという商品名を考えたのも井深さんです。あの明るい画面は、1本の太い電子銃から3本のビームが出る新技術で実現しました。開発部の吉田進、大越明男、宮岡千里の3人が苦労して完成させたものです。クリスチャンだった井深さんはトリニティ(三位一体)とエレクトロン(電子管)を組み合わせて命名したのです。

デザインも独創的でした。当時の主流だった立派な家具調は、井深さんは「仏壇スタイル」と呼んで嫌っていました。「画面だけあればいい」と機能美を追求したのです。

この続きをみるには

この続き: 860文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。