見出し画像

【フル動画】石破茂×神山典士「『少しの稼ぎでカネが余る』都心に近いイナカで幸せに生きる方法」

文藝春秋digital

文藝春秋digitalは、6月20日(月)、衆議院議員で初代地方創生大臣を務めた石破茂さんと、ノンフィクション作家の神山典士さんによるオンライン対談イベント「『少しの稼ぎでカネが余る』都心に近いイナカで幸せに生きる方法」を開催しました。

《ご対談動画はこのページ下部にあります》

神山さんは、文春新書から『トカイナカに生きる』(6月20日刊)を上梓したばかりです。「トカイナカ」とは「トカイ」と「イナカ」を合わせた造語で、都心から1時間~1.5時間エリアを指します。

同書では、自然溢れる地域で、人生や働き方を変えたり、起業をしたり、有機農業で美味しい農作物を作ったりして、人生を有意義に過ごしている人々を取り上げています。なかには、わずかな収入でも自由にのびのびと生きる人もいるほどです。

また、神山さん自身も、約2年前から埼玉県ときがわ町に7LDKのシェアハウスを構え、二拠点生活を送ることで、「トカイナカ」での生活がいかに素晴らしいかを実感しているといいます。

一方、石破さんは、2014~16年にかけて初代地方創生大臣を務め、全国各地の自治体を自らの足で訪れてきました。活気あふれる地域や、ユニークな取り組みを行っている自治体などを見てきたなかで、石破さんは「地域にはそこにしかない価値がある。その宝に気付くことが地域活性化のカギだ」と言っています。

大都市一局集中から地方分散型社会へ移行し、豊かに生きるにはどうすればいいのか?

地方創生の現場を知悉する政治家と作家が、トカイナカの魅力を語り合います。

◆対談動画

《対談フル動画はこの下にあります》

この続きをみるには

この続き: 28文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。