文藝春秋digital
海の男 蛭子能収
見出し画像

海の男 蛭子能収

文藝春秋digital
著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、蛭子能収さん(漫画家)です。

海の男

私の故郷は長崎県長崎市にある漁業の町。父はその町で遠洋漁業の漁師として働いていました。底引き網漁をする「阿波船団」という漁師の集団の団長を務めていたらしいです。人の良い顔をしていましたよ。

1カ月は船に乗っていて、家に帰ってくるのはほんのたまにだけ。姉は集団就職で家を出ており、母と兄と3人で暮らしているようなものでした。でも、父は家族との時間は大事にしていました。漁が終わったら漁師仲間との飲み会には一切出ず、家にまっすぐ帰ってきていた。母とも仲が良く、喧嘩をするのは一度も見たことがありませんでした。

父が漁から帰ってくると、獲ってきた魚が食卓に出るようになる。焼き魚とかお刺身とか……毎日食べ過ぎて魚嫌いになってしまいました。小学生の頃から「魚だけはもう2度と食いたくない」と。漁師の息子なのにね(笑)。見かねた母はよくカレーライスを作ってくれて、それが私の好物でした。今でも魚は、自分からは進んで食べないです。

この続きをみるには

この続き: 493文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。