見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

①谷原幼少期

【ヒント】
役者から司会者まで引っ張りだこの“イケメン”&“イクメン”の俳優は?

「中学は真面目だったのに、高校に入ると勉強する気がせず、毎日ゲームセンター通い。夏休みは先輩のうちを泊まり歩いたり。高校時代に一生分サボったので、仕事を始めてからはずっとサボってません。病欠も一度もないほど(笑)」

雑誌「メンズノンノ」の専属モデルなどを経て映画「花より男子」で役者デビュー。以来、映画、ドラマ、舞台から番組司会まで、着実に信頼を積み上げ仕事の幅を広げてきた。

家庭では6児の父で、料理もプロはだし。10人分の家族の昼夜の食事を担当し、子どものお手製バッグも作る“イクメン”としても知られる。

「20代前半は、役者なのでバラエティや司会はやりたくないとまるで中二病のようでしたが、やってみると、必ず発見があり新しい扉が開く。だから何でもやってみるのが一番大事。やる前から拒否してたら進歩もないし、乗り越えられないですね」

この春から朝のニュース情報番組の司会者にも初挑戦。さわやかな朝の顔として期待が集まる。

この続きをみるには

この続き: 685文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。