見出し画像

イタリアンシェフ・片岡護の恩返し「若いシェフが活躍できる環境を」

画像1

片岡護(かたおかまもる・イタリアンシェフ)

東京を代表する名店「リストランテアルポルト」のオーナーシェフ片岡護(72)の人生を決めたのは、ある外交官の一言だった。

「ミラノにいらっしゃい」

高校卒業後、浪人生活を送っていた折、外交官の金倉英一氏から総領事館付きの料理人として誘われた。

「幼い頃に父を亡くした僕にとって金倉さんは父親代わりの存在。料理人の経験はほとんどなく、イタリアでの5年間は毎日が修業でした」

帰国後の1983年、「アルポルト」をオープンさせると、一躍、各界の有名人がこぞって足を運ぶ人気店となった。そんな片岡は還暦を過ぎた頃から、業界団体の理事をつとめたり、「食育」の普及のため全国各地で講演したり、料理人の枠を超えた活動に力を傾けている。

「若いシェフが活躍できる環境を作りたい。最近は、使命感のようなものも感じているし、金倉さんへの恩返しにもつながると信じています」

この続きをみるには

この続き: 218文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。