見出し画像

【アーカイブ動画】上出遼平×石戸諭「レガシーメディアの逆襲——テレビと出版の未来について」

<<このイベントは終了しました。アーカイブが以下にあります>>

◆レガシーメディアの挑戦者2人が初の対談

インターネット全盛の今、テレビ・新聞・雑誌は「レガシーメディア」とも呼ばれます。

時流に乗って次々と勃興するウェブメディア。一方で、レガシーメディアに投げかけられる言葉は「閉塞感」「斜陽」「衰退」……と暗いものが目立ちます。このままレガシーメディアは過去の産物として、時代に取り残されてしまうのでしょうか。

今回の文藝春秋digitalウェビナーでは、レガシーメディアの中で活躍する2人の挑戦者が対談します。

上出遼平さんはテレビ東京のディレクター。企画、演出、撮影、編集をすべてひとりで務める『ハイパーハードボイルドグルメリポート』をはじめ、従来のテレビ制作者が持たなかった新たな視点から“新時代のテレビのコンテンツ”を次々と生み出しています。

石戸諭さんは元毎日新聞記者のノンフィクションライター。毎日新聞社に新卒から10年間勤めた後、BuzzFeed Japanの記者に転身。2018年にフリーランスとして独立し、現在では『文藝春秋』『サンデー毎日』『ニューズウィーク日本版』など、主に紙媒体で活躍しています。

そんな2人が考える「レガシーメディアの未来」とは——。これまでの自身の経験をもとに語り合っていただきます。

◆イベント概要

イベント名:上出遼平×石戸諭「レガシーメディアの逆襲——テレビと出版の未来について」

出演:上出遼平(テレビ東京ディレクター)、石戸諭(ノンフィクションライター)

日時:5月24日(月)19時〜20時30分(予定)

料金:文藝春秋digital会員は無料(それ以外の方は900円でご参加いただけます)※本イベントはアーカイブもございます。リアルタイムでご覧になれなかった方もぜひご参加ください。

◆上出遼平 プロフィール

1989年東京生まれ。早稲田大学卒業後を卒業後、2011年株式会社テレビ東京に入社。『ハイパーハードボイルドグルメリポート』シリーズ企画、演出。企画、ロケ、撮影、編集まで番組制作の全過程を担う。空いた時間は山歩き。

◆石戸諭 プロフィール

1984年生まれ、東京都出身。2006年立命館大学法学部卒業後、毎日新聞社に入社。その後、BuzzFeed Japanを経て独立。著書に『リスクと生きる、死者と生きる』『ルポ 百田尚樹現象~愛国ポピュリズムの現在地~』がある。

◆アーカイブ動画

<<動画はこの下にあります>>

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。