見出し画像

ガーナの名誉酋長|土居恵規

文・土居恵規(株式会社 明治参与)

日本のチョコレートメーカーにとって、ガーナ共和国(以下、ガーナ)産カカオ豆は、寿司屋にとってのマグロだ。これさえあれば何とか商売になるのである。わが国が輸入するカカオ豆の7割以上がガーナ産なのだから。

そのガーナの西部にある、人口1000人ほどのアセラワディという村の名誉酋長に、私は任命された。今から12年前のことである。現地語ではンコスオヘネ、英語ではデベロップメント・チーフ(直訳すると開発チーフ)と呼ばれている。有名人ではあのミュージシャン、ボブ・ゲルドフも、ある町で2004年に開発チーフに任命されている。名誉酋長という意訳は、中(あた)らずと雖(いえど)も遠からずではあるが、少し説明を加えておきたい。

アフリカ諸国では、伝統的首長制度が古くから受け継がれ、独自の支配層を形成している。伝統的首長はナナと呼ばれるが、植民地時代にヨーロッパ人がチーフという語をあてた。ガーナでも、どの村や町にもチーフがいて土地と人民を統治している。さらに、各地方のチーフを束ねているのがパラマウント・チーフである。そして、パラマウント・チーフの頂点に立つのが、アシャンテヘネと呼ばれるアシャンテ王国のキングだ。そう、ガーナには、現在も王国が存在している。王は、人々の絶大なる尊敬を集める存在で、誤解を恐れずに言えば、国民からすると王はガーナ大統領よりも偉いのである。

私は会社の業務として、カカオ農家を支援する活動を担当している。はやりの言い方をすると、カカオ事業におけるサステナビリティの推進と、SDGs達成のための支援活動ということになる。活動の詳細は当社のホームページを見てもらうしかないのだが、村への支援が認められて私は開発チーフに任命された。これは外国人がなれる唯一のチーフである。

この続きをみるには

この続き: 1,045文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
12
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。