「がん新薬の臨床試験に挑む」若き医師・設楽紘平|鳥集徹
見出し画像

「がん新薬の臨床試験に挑む」若き医師・設楽紘平|鳥集徹

がん患者や家族にとって待ち望まれるのが画期的な「新薬」の開発だ。設楽紘平医師(43)は、その新薬を世に送り出すのに不可欠な臨床試験に取り組んでいる。海外の学会でも活躍する、腫瘍内科医のホープだ。/文・鳥集徹(ジャーナリスト)

鳥集徹

鳥集氏

海外に先駆ける成果

今年9月、「エンハーツ(一般名・トラスツズマブ デルクステカン)」という薬の、胃がん(がん化学療法後に増悪したHER2陽性の治癒切除不能な進行・再発の胃癌)への適応拡大が国から承認された。

エンハーツは「抗体薬物複合体(ADC)」という新しいタイプの薬で、これまでは乳がん(化学療法歴のあるHER2陽性の手術不能又は再発乳癌)に対してのみの承認だった。それが日本と韓国での第Ⅱ相試験で、がんが縮小する奏効率、生存期間ともに標準治療を上回る結果が出て、通常は必要とされる第Ⅲ相試験の結果を待たずに承認されたのだ。

製薬企業と共にこの臨床試験を主導したのが、胃がんの薬物療法を専門とする設楽紘平医師。その成果を報告した論文は、医学界でトップジャーナルの一つである「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された。

「胃がんへのエンハーツは、日本が世界で初めて承認されました。実は医学部生時代、海外で使える抗がん剤が国内で使えない『ドラッグ・ラグ』の問題を取り上げたテレビ番組を見て、がん専門医の道に進もうと決めたんです。エンハーツで海外に先駆ける成果を出せたことは、感慨深いものがあります」

この続きをみるには

この続き: 1,196文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。