見出し画像

文在寅大統領“特別補佐官”が大反論「安倍首相よ、なぜ韓国が敵対国なのか」

    文正仁(ムンジョンイン)統一外交安保特別補佐官(68)は、文在寅大統領の外交・安全保障面における最大のブレーンである。文氏は1994年から2016年まで延世大学政治外交学科教授(現在は名誉特任教授)を務め、金大中、盧武鉉大統領時代に政権中枢で大きな役割を果たした。北朝鮮に宥和的な「太陽政策」の企画・立案にも関与し、過去5回行なわれた南北首脳会談のうち4回に出席している。一方、文氏は文在寅政権の急進的な「親北朝鮮・反米」路線を主導しているとして、保守派から批判されている。実際、「長期的に韓米同盟は無くすのが最善」「韓国大統領が撤退せよと命じたら、在韓米軍は出て行かなければならない」と発言し、物議を醸したこともある。このような文氏の発言に対し、野党は「金正恩の首席報道官」と批判している。文在寅政権の対日政策についてのキーマンとみられる文氏が、徴用工問題やGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄についての考えを本誌に明かした。/文正仁(韓国大統領府統一外交安保特別補佐官)/聞き手・朴承珉(ジャーナリスト)

画像1

この続きをみるには

この続き: 6,085文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。