文藝春秋digital
中野翠 蘇るウエスト・サイド物語
見出し画像

中野翠 蘇るウエスト・サイド物語

文藝春秋digital
文・中野翠(コラムニスト)

ロバート・ワイズ監督の映画『ウエスト・サイド物語』を観たのは、高校(女子校)に入りたての頃だった。

すでに評判になっていて、同じクラスのYさんは「七回」って言っていたかな、繰り返し観に行っていた。どうやら一人で足を運んでいるらしい。一人で映画を観に行くなんてエライなあ、カッコいいなあ、と尊敬。

日曜日。『ウエスト・サイド物語』を観るべく、クラスメイトと日比谷の映画館へ。言うまでもなく興奮。ニューヨークの片隅のウエスト・サイドを舞台に「ロミオとジュリエット」パターンの恋物語が、ミュージカル風に描かれてゆく。

ヒロインのマリア役のナタリー・ウッドは華奢な体で強いまなざし。かっこいい。私も髪の毛をのばしてパーマをかけよう―と決意。

ナタリー・ウッドの兄の役で「シャークス団」のトップを演じたのがジョージ・チャキリス。憂いを帯びた瞳が素敵! というわけで、日本では大変な人気だったが、私は「ジェット団」のリーダー役のタッカー・スミスという長身の俳優のほうに注目(私、昔から王道は避けるタイプ?)。「クール」という歌を歌い、指をパチパチ鳴らしながら新リーダーになる……というところにシビレたのか?

外階段の上と下でマリアとトニー(リチャード・ベイマー)が愛の言葉を歌声に乗せて交わしあう……というシーンがあり、私と友人は学校の階段の上と下で「マリーア、マリーア」「トニー、トニー」などと芝居がかったしぐさで声をかけあって、嬉しがっていた。

髪の毛を伸ばし、初めてのパーマもかけたのだが……ナタリー・ウッドというわけには全然いかず、ガッカリ。

当時は、ニューヨークと言ったらオードリー・ヘップバーンの『麗しのサブリナ』『シャレード』『ティファニーで朝食を』といった華やかでスマートな街をイメージしていたので、『ウエスト・サイド物語』を観た時は少しばかり驚いた。ニューヨークにもラクガキしたり物をこわしたりする「不良」もおおぜい、いるんだな、と。

『ウエスト・サイド物語』の音楽はレコードに収録されていたので、何度も聴いて、今でもパッと思い出せる。1番好きだったのは、やっぱり「アイ・フィール・プリティ」。

マリアがウエディングドレスを体に当てて、幸せいっぱいという風情で歌うシーン。そのあと、悲劇が訪れるだけに印象に残ったのだろう。

それから、半世紀超。あのスティーブン・スピルバーグ監督が、もはや古典と言ってもいい『ウエスト・サイド・ストーリー』を新作として蘇らせたのだ!

この続きをみるには

この続き: 628文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。