角田光代さんの「今月の必読書」…『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』サリー・ルーニー著 山崎まどか訳
見出し画像

角田光代さんの「今月の必読書」…『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』サリー・ルーニー著 山崎まどか訳

文藝春秋digital

「ありがち」の対極にある青春恋愛小説

語り手のフランシスはトリニティ・カレッジに通う21歳の女性で、詩作にすぐれている。高校時代の同性の恋人、ボビーと別れてはいるものの今も親密で、2人でスポークン・ワードのパフォーマンスをしている。その活動によって知り合った30代の夫婦、俳優のニックとジャーナリストのメリッサと親交を持つ。顔立ちのうつくしいニックとフランシスは恋に落ち、ボビーはメリッサに惹かれていく。

あらすじにすると、ありがちな青春恋愛小説みたいで、そのことに私自身がびっくりしてしまう。この小説は「ありがち」の対極にある。人や関係の描きかたがユニークで新鮮である。くわえて、従来の世界に切れ目を入れて、その奥をのぞかせるような鋭利でうつくしい文章に、幾度もはっとさせられる。

タイトルどおり、フランシスはつねにだれか——ボビーと、ニックと、メリッサと、バイト仲間と、母親と、自分自身と——会話している。その言葉が痛いくらいむき出しのこともあれば、意味をなさない暗号みたいなときもあり、気持ちとまったく接点のない、だれかを傷つけるためだけの言葉の羅列のときもある。

この続きをみるには

この続き: 900文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。