見出し画像

〈新装版〉目耳口 日本全国の美味や逸品を愛でて味わって

文藝春秋digital

帝国ホテルの歴史を紡ぐ食パン

昨年、ベーカリー開設110年を記念し発売された食パンCerne~セルン~(3,000円)。厳選素材を使い、試行錯誤の末に生み出され、発売と同時に瞬く間に話題となった。さらに約6.5㎝四方のプティサイズも誕生し、購入しやすい価格と大きさで人気を集めている。

画像3

プティ セルン各600円は10:30~販売。セルンは12:00~

㉄帝国ホテル 東京(ホテルショップ)「ガルガンチュワ」 ☎03-3539-8086

丈夫で履き心地のいい 山形生まれの室内履き

スリッパの生産量日本一の山形県河北町。この街で大正8年に創業し、昭和よりスリッパを作る阿部産業の帆布バブーシュは、歩く際にかかとが浮きにくく歩きやすい。洗濯機で丸洗いでき、清潔に保てるのもいいところ。5サイズ、9種類のカラーを展開し、ギフトにもおすすめだ。

画像2

帆布バブーシュ各2,530円~。軽さも魅力

秋田の自然と匠が織りなす幻の籠

秋田県立美術館にて、5/14、15の2日間開催される「『中川原信一のあけび籠』出版記念展」。あけび蔓細工職人として名高い中川原信一の仕事の全容を秋田の自然美と共に写し出した写真をはじめ、中川原信一と父・十郎による作品を展示。本人による籠編みの実演は特に見逃せない。入場料500円。

02_丸籠手付き_4539

多くの人が憧れる、あけび籠が並ぶ
©Ryo Shirai

㉄galleryKEIAN gallerykeian@gmail.com

福岡・宗像あなごの旨み溢れる炊き込みご飯

鐘崎漁港で水揚げされる宗像あなごの料理が自慢の料亭かのこゆり。ほんのり甘い九州風の特製タレを一口大の宗像あなごと合わせたレトルトの炊き込みご飯の素は、料亭の味を自宅で堪能できる嬉しい逸品。洗った米に入れて炊飯するだけの簡単調理も魅力で、行楽のお弁当やおにぎりにも最適だ。㉄料亭かのこゆり 

画像4

宗像あなごめし炊き込みご飯の素1,296円(2合用) ※価格改定予定

手間ひまかけて 京都で作る栗の甘納豆

渋皮を残した栗を煮て、繰り返し蜜に漬け込むことで完成した上品な甘納豆。栗の芯までしっかりと、かつ甘すぎないよう蜜をしみ込ませるために炊き加減に細心の注意を払い、糖度の違う蜜に3日間漬け込んで仕上げられた。心地よい食感と、中のしっとりとした栗の風味が楽しめる。

画像5

渋皮栗の甘納豆 大粒 3,240円(15個)

㉄文春マルシェ 0120-636-700

大人にこそ贈りたい浦和のティラミス

埼玉のティラミス専門店が日本一を目指し完成させた究極のスイーツ。ダークラムのほのかな香りとマスカルポーネクリームのコク、ホワイトチョコとハチミツの甘さだけで練り上げた奥深き味わい。贅を尽くしたこのティラミスは本物を求める大人のためのデザートといえそうだ。

画像6

シルキーティラミス・プレミアム3,240円


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。