中島岳志さんの「今月の必読書」…『双葉山の邪宗門』
見出し画像

中島岳志さんの「今月の必読書」…『双葉山の邪宗門』

敗戦で「大義」を失った彼は、混乱に陥った

1947年1月、金沢に本拠地を据えた新興宗教団体「璽宇(じう)」に警察の強制捜査が入った。いわゆる璽光尊事件である。このとき多くの人が驚いたことがあった。教祖を守ろうとして警察の前に立ちはだかったのが、あの元横綱の双葉山だったのだ。

双葉山は1936年から39年にわたって69連勝という記録を打ち立てた大横綱で、引退後は時津風親方として後進の指導に当たり、日本相撲協会理事長も務めた。そんな双葉山が、引退後間もない時期に「璽宇」の熱心な信者となり、国家権力と対峙したのだ。いったい何があったのか?

現役時代の双葉山は、杉本五郎『大義』を愛読する愛国者だった。天皇への敬愛を強く持ち、相撲に取り組んだ。しかし、彼にも体力の限界がやってくる。それは戦況の悪化と軌を一にしていた。

1945年11月、戦後初の場所が開催され、双葉山も番付に名を連ねていたが、全休を余儀なくされた。そして、千秋楽を前に引退を表明する。

そんな失意の双葉山に衝撃が走る。「天皇の人間宣言」だった。双葉山にとって、天皇は神の如き存在だった。しかし、天皇自らそれを否定した。拠り所にしてきた価値観が崩壊し、「大義」を失った彼は、混乱に陥った。

そんな時に出会ったのが、囲碁の名人・呉清源だった。呉は囲碁界の第一人者で、当時、璽宇の熱心な信者だった。呉が双葉山に教祖の璽光尊に会うよう勧めると、信仰心の厚い双葉山は、自らの空洞を埋めるように璽宇に接近した。

この続きをみるには

この続き: 733文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。