見出し画像

剣と本と仮面ライダー|高橋一浩

文・高橋一浩(東映プロデューサー)

2020年9月6日から放送を開始した「仮面ライダーセイバー」。令和2作目となるライダーは文豪にして剣豪だ。主人公の神山飛羽真(とうま)は、本が大好きな人物で、小説家でありながら書店も営んでいる。

本作の企画は昨年秋、石森プロ、脚本家、代理店、放送局のチームでスタートした。企画を考えるにあたって意識したのが、人と人との繋がりが持つ力を、子どもたちに伝えることだった。

物理的な距離だけではない。時間をも越える想いと関係を、身近な幼馴染や友達といった登場人物で描きたかった。それを子供や、一緒に番組を見る親の世代にも感じてほしかった。そして、奇しくもコロナ禍によって「離れている人とのつながり」の重みが浮き彫りになった。このテーマを今こそ描きたいと、思いを強くした。

石ノ森章太郎の原作を元に、「仮面ライダー」は1971年からテレビ放送が始まった。子供向けの番組ではあったが、「本郷猛(ほんごうたけし)は改造人間である」というナレーションにあるように、テクノロジーによって人ならざる者となり、人を超えた力を手にした者の葛藤と、彼らが戦う理由を描いてきた。

この続きをみるには

この続き: 1,198文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。