数字の科学 全世界の新型コロナウイルスの総量|佐藤健太郎
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

数字の科学 全世界の新型コロナウイルスの総量|佐藤健太郎

サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。

全世界の新型コロナウイルスの総量=100g~10㎏

新型コロナウイルス感染症の流行開始から約1年半が経過した。ワクチンの接種拡大に伴って様相は変化しつつあるが、いまだ流行の終わりは見えてこない。ではそのコロナウイルスは、いま世界にどのくらい存在しているのだろうか。その総量を推計した論文が、最近発表された。1人あたりのウイルス数×感染者数で計算すれば簡単にはじき出せそうだが、話はそう簡単ではない。感染者の体格や重症度合い、感染からの日数によって、体内のウイルス量は大きく異なるからだ。

論文を発表した研究チームは、電子顕微鏡での観察データなどから、感染した細胞1つあたり約10万個程度のウイルス粒子が存在すると見積もった。また、ウイルスに感染した細胞数は、1人あたり1万から100万個程度と推定された。肺の細胞数が約1000億個であることを考えると、これは意外なほど少ない数字だ。すなわち1人の感染者の体内には、ピーク時に約10億から1000億個のウイルス粒子が存在する。ここにその重量を掛け算すると、体内の総ウイルス量は100万分の1から1万分の1グラム程度という数字が出てくる。たったこれだけのウイルスが、我々の生命を脅かす。

この続きをみるには

この続き: 457文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。