新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「コロナ鬱」にならない外出自粛生活術

家で過ごす時間の増えた私たちが懸念すべきは〝鬱〟である。意図的にコロナに関する情報から完全に切り離された時間を作ることがポイントだ。/文・岩波明(精神科医・昭和大学医学部精神医学講座教授)

使用_トビラ岩波先生_トリミング済み

岩波氏

憂鬱感は鬱病の前段階

「今日会ったあの人は、もしかしたらコロナに感染していたかもしれない」「万が一、自分も感染していたらどうしよう……」

世界中で死者が日に日に増え、日本でも感染爆発、医療崩壊といった不穏なニュースが流れています。これはわれわれが今まで経験したことのない事態です。目に見えないからこそ、コロナウイルスへの不安や恐怖は大きなものになりがちです。

感染することに対して不安を持つこと、また、コロナウイルスによって大きく変わった環境にストレスを感じることは自然な感情です。最近では“コロナ鬱”という言葉も耳にするようになりました。

「自分が感染して死んでしまうのではないか」と、四六時中そのことで頭がいっぱいになってしまったり、経済的なダメージや人と会えない孤立感から強い憂鬱感を覚える人もいると思います。“コロナ鬱”というのは、本格的な鬱病まではいかないにしても、暗く重苦しい気持ちになる、いわゆる“鬱状態”に陥ることだと言えそうです。

鬱状態は鬱病の前段階です。何事に対してもやる気が出ず、食欲不振や睡眠障害を伴うこともあります。深夜に目が覚めてしまう、いつもどこか体調がよくないことなども鬱状態のサインだと考えられています。

鬱状態自体は一過性であることが多く、気持ちが落ち込むからといってすぐに鬱病と診断されるわけではありません。こうした状態が長く続いてはじめて、鬱病と診断されるのです。

憂鬱感というのは人間の自然な感情であり、日常生活の中で、そのような感情を抱くことは珍しくありません。一般的には、仕事熱心で真面目、適度に手を抜くことができないタイプ、一見、温和で朗らかだけど落ち込んだり高揚したり気分の変動があるタイプの人が鬱病になりやすいとされています。

ただ、鬱病は内面的な原因だけではなく、環境面、外的な要因によっても発症します。災害や今回のコロナのような疫病など、自分でコントロールできないことが原因となることもあるのです。コロナに伴う大きな変化によってダメージを受けて鬱状態になり、それが長期化することで鬱病になってしまうということも十分に考えられます。

使用_2020041701666

緊急事態宣言で街は一変

わたしの患者さんに、毎年3月になると「東日本大震災から何年」というニュースを見て、当時の津波の様子がフラッシュバックしてしまうという方がいます。こうしたPTSD的な反応を示す人、さらにPTSDから鬱状態になる人、症状の進み方はさまざまですが、自分をとりまく状況が大きく変化することで精神的に影響を受けるのは、珍しいことではありません。

さらに、漠然とした病や死への恐怖など、平時には日常に追われ忘れている不安感がコロナをきっかけに顕在化するということも起きています。

では、コロナウイルスとの闘いという、これまで経験したことのない状況で、誰もが持ちうる憂鬱感を鬱病へと高じさせないためにはどうすればいいのでしょうか。

「日常」と「弛緩」を大切に

何よりも大切なのは、これまで通りの、「当たり前」の日常生活を続けるように努めることです。

在宅勤務になり、会社に行かなくなるだけで生活リズムは乱れます。なにも1日のスケジュールをしっかりと立てて厳密に行動する必要はありません。起床時間、就寝時間を今までとなるべく変えないだけでも十分です。昼間しっかり起きて、夜早い時間にしっかり寝る。そういう生活リズムを保つようにしましょう。

使用-2020031004242

リモートワークを推奨されるが…

一番大事なのは睡眠です。12時前には布団に入り、深く眠るようにしましょう。12時を過ぎて寝ると、どうしても浅い睡眠になりがちです。睡眠が足りていないと鬱状態になりやすいですし、集中力や注意力の低下を招きます。

食事も三食とることが望ましい。ただ、外に出られない時間が増え、あまりお腹が空かないこともあるかと思います。そのような時は、ビスケットをつまんだり、パンを半分だけ食べたりして、何かを口に入れることで、食事のリズムを崩さないようにすることが大切です。

また、これまで通りの生活を維持するのと同じくらい重要なのが、精神的に“弛緩”すること。つまり、過剰な不安による緊張状態が続かないようリラックスすることです。

たとえば情報への向き合い方。先の見通せない不安や自分自身が感染しているのではないかという恐怖から、インターネットのリンクを次々クリックして、結局夜通し見てしまった、なんていうこともあるでしょう。ネット上に溢れる根拠のない情報に踊らされてしまう人も多いのではないでしょうか。

四方八方から情報が入ってくる現代社会において、人はどうしても過度に不安を煽られ、一部のメディアはそれを助長します。情報の中には事実に基づかない憶測も多く、それらを追っていくと不安が増幅し、アリジゴクのような深みにはまってしまいます。これでは弛緩するどころか、緊張感が増すばかりです。

この続きをみるには

この続き: 3,472文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
14
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。