見出し画像

《写真入手》安倍元首相と勝共連合会長「12年前の接点」 暗殺事件につながるビデオ出演依頼者との隠されていた関係 鈴木エイト

文藝春秋digital

「信頼関係」の原点ともいえる写真

「この信頼関係がどういう風にできてきたのか。一朝一夕の話じゃないんですよ」

昨年10月、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)本部教会の日曜礼拝において、安倍晋三元首相(享年67)との「信頼関係」を誇らしげに語っていた梶栗(かじくり)正義・UPF-Japan議長・国際勝共連合会長(UPFは旧統一教会のフロント団体、国際勝共連合は同政治団体)。梶栗氏は有力信者の2世であり、現在の旧統一教会において政治家との渉外担当を務めるだけではなく、実質的な教団ナンバー1とみられる。暗殺事件につながった昨年9月のビデオメッセージ出演も梶栗氏が安倍氏を説得したものだった。

筆者は、安倍氏と梶栗氏との間に長い年月をかけて醸成された「信頼関係」の原点ともいえる写真を入手した。

この続きをみるには

この続き: 2,547文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。