新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

9/27(火)13:00〜|「最強のコミュニケーション」 「伝わらない」「分かりあえない」葛藤 対話と対話の総和が創り出す、成長シナリオ

文藝春秋digital

◇開催趣旨

社会の中で生きていくため、ビジネスを推進していくために最も重要な能力の一つとして「コミュニケーション能力」は不可欠です。ビジネスに限定していえば、コミュニケーションが取れないと仕事になりません。 コミュニケーションは「信頼関係の構築」「円滑な業務運営」「組織風土の醸成」などの基本であり、コロナ禍によりフィジカルでのコミュニケーションが制限される中、「メンバーの状況把握が難しい」「横の連携が希薄になった」「雑談が減ったことにより職場が静かになった」など課題も浮き彫りになり、その重要性は増しています。

そこで本カンファレンスでは、「最強のコミュニケーション~対話と対話の総和が創り出す成長シナリオ」~をテーマに、ビジネス環境の変化、デジタルツールの進化により複雑化、多様化するコミュニケーションのあり方を考察し、恐れず意見を言い合える「心理的安全性」、対話と対話を繰り返すことで生まれる「腹落ち感」、非対面コミュニケーションの高度化、個のパフォーマンスを最大化する組織運営とリーダシップ、ステークホルダーとの適切なコミュニケーションの取り方などについて、最前線でご活躍をされているイノベーターの皆様の講演を通じ検証します。

《開催概要》

◆日 時   2022年9月27日(火) 13:00~17:00
◆会 場   オンラインLIVE配信
◆参加対象  経営者、経営幹部、経営企画、経営管理、人事、組織開発、営業部門、マーケティング部門、顧客サポート部門など
◆定 員  800名
◆参加費  無料(事前登録制)
◆参加特典  2週間のアーカイブ視聴をいただけます
◆主 催  文藝春秋
◆協 賛  Dialpad Japan株式会社、株式会社ヤプリ、Dropbox Japan株式会社

お申し込みはこちらから。

サムネイル1280×800

≪プログラム≫

13:00~13:50 基調講演
「伝わらない 、分かりあえないことを理解することから始めよう」~ リーダーに求められる言語化力と伝える力 ~

劇作家・演出家・芸術文化観光専門職大学学長
平田 オリザ氏

13:50~14:20 テーマ講演(1)
「バーチャルファースト企業」を目指す Dropbox が実践する同期・非同期のコミュニケーション方法

Dropbox Japan株式会社パートナー営業本部
ディストリビューション営業本部エグゼクティブパートナーマネージャー
福地 高志氏

14:30~15:10 特別講演
「世界最高のコミュニケーション」伝わる、つながる!人が動く話し方、聞き方のルール

コミュニケーション戦略研究家・コミュ力伝道師株式会社グローコム
代表取締役社長
岡本 純子氏

15:10~15:40 テーマ講演(2)
「発信しても見てもらえなきゃ意味がない!」自社公式スマホアプリで社内の情報均一化を図る実例を一挙紹介

株式会社ヤプリマーケティング本部
神田 静麻氏

15:50~16:20 テーマ講演(3)
「ツール1つでここまで変わるビジネスコミュニケーション」"電話、ビデオ = ブラックボックス・残らない" 問題を解決し資産に変える方法

Dialpad Japan 株式会社代表取締役社長
安達 天資氏

16:20~17:00 特別対談
「会社で潰れないコミュ二ケーション術」~苦手な仕事も相手も”ずるく”乗り切る仕事術~

テレビプロデューサー
佐久間 宣行氏
〇聞き手『週刊文春』電子版コンテンツディレクター
村井 弦

お申し込みはこちらから。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!