新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【フル動画】ざわちん×パントー・フランチェスコ×秋山千佳「コロナよりルッキズム? 私たちはなぜマスクを外せないのか」

文藝春秋digital

◆「顔パンツ」と日本人

文藝春秋digitalは、2月9日(水)19時〜、ざわちんさん、パントー・フランチェスコさん、秋山千佳さんによるオンライン鼎談イベント「コロナよりルッキズム? 私たちはなぜマスクを外せないのか」を開催しました。

《動画はこの記事のいちばん下にあります》

昨年末、「顔パンツ」という言葉が話題になりました。人前でマスクを外すのは下着を脱ぐのと同じくらい恥ずかしい、という感覚のことです。民間調査では、約7割の人がコロナ収束後も条件つきで「マスクをする」と答えています。

実は、こうした現象は、コロナ禍の今に始まったことではありません。

人前でマスクを手放せない「マスク依存」は、10年以上前から広い層に浸透。特に教育現場では、給食も体育も卒業式もマスクを外そうとしない子どもへの対応に頭を悩ませてきたという状況があります。

コロナ禍でもマスクを外したがる欧米人とは対照的な現象で、同調圧力や自己肯定感の低さといった日本人の生きづらさ、さらにはルッキズム(外見至上主義)が背景にあるという指摘もあります。

マスク依存社会・ニッポンにある私たちは、同調圧力やルッキズムのような「外からの視線」とどのように向き合えばいいのでしょうか。

引きこもりを専門とするイタリア出身の精神科医パントー・フランチェスコさん、マスクメイクで人気となったタレントのざわちんさん、メディアで初めて「マスク依存」を取り上げたジャーナリストの秋山千佳さんの3人で、このテーマを掘り下げます。ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、アーカイブ動画の配信があります。本記事の有料部分にアップしますので、何度でもご覧いただけます。

◆問い合わせ先

文藝春秋編集部
メール:mbunshun@bunshun.co.jp

◆イベント概要

イベント名:コロナよりルッキズム? 私たちはなぜマスクを外せないのか

出演:ざわちん、パントー・フランチェスコ、秋山千佳

日時:2月9日(水)19時〜20時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆イベントフル動画

《この下に動画があります》

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。