見出し画像

ルクソール西岸「失われた黄金の町」|矢羽多万奈美

文・矢羽多万奈美(エジプト考古学者)

この4月、エジプト南部のルクソール西岸で、古代の町が発見された。ルクソールは古代都市テーベと言われ、「古代都市テーベとその墓地遺跡」として世界遺産に登録されている。発見された町の東にはアメンヘテプ3世の葬祭殿(メムノンの巨像)があり、北西には黄金のマスクで知られるツタンカーメン王が今も眠る「王家の谷」がある。

発見したエジプト人考古学者チームの発表によると、この町が成立したのは約3500年前。日本でいえば縄文時代後期にあたる。エジプト史でみると、アメンヘテプ3世から始まり、ツタンカーメン(厳密に表記するとトゥト・アンク・アメン)、次の王アイの時代まで機能していたようだ。遺構から「アテンの輝ける町」と都市名の刻印された封泥(封印に用いられた粘土)が出土しているが、エジプト考古学の権威ザヒ・ハワス博士は、古代エジプト黄金時代の町ということで、「失われた黄金の町」と名付けた。ちなみにザヒ博士は、エジプトの遺跡はまだ30%ほどしか調査されていないと語っており、今後も墓や町が発見される可能性は大いにあるだろう。

エジプトというと、黄金のマスクやミイラ、財宝などを想像する方も少なくないだろう。しかし、考古学は「宝探し」ではなく、遺跡・遺物の記録と修復保存、そして当時の人々の生活や文化などの研究だ。「アテンの町」が重要なのは、大量の大型土器類、装飾品、埋葬された人骨などの出土もさる事ながら、町の残存状態が良く、当時の生活情報の研究が可能になるからである。

この続きをみるには

この続き: 1,166文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。