世界経済の革命児 オズレム・トゥレチ/ウール・シャヒン(バイオンテック創業者)|大西康之
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界経済の革命児 オズレム・トゥレチ/ウール・シャヒン(バイオンテック創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、オズレム・トゥレチ/ウール・シャヒン(Özlem Türeci/Ug˘ur Şahin、バイオンテック創業者)です。

2106世界経済の革命児_シャヒン_トゥレジ

オズレム・トゥレチ(右)とウール・シャヒン(左)

新型コロナのワクチンを開発した企業を創業した移民夫婦

「160万人以上の命を奪った病気に対して、人類が初めて効果的な反撃を開始した時、そのワクチンを開発した会社の共同創業者たちは、世界中の規制当局に提出する書類の作成に忙殺されており、英国人のマーガレット・キーナンが世界で初めてワクチンを接種する決定的なテレビ映像を見逃した」

2020年12月、英経済紙のフィナンシャル・タイムズ(FT)はこんなエピソードを添えて、トルコ系ドイツ人のオズレム・トゥレチ博士、ウール・シャヒン博士夫妻を2020年の「今年の顔」に選んだ。世界に先駆けて新型コロナウイルスに有効なワクチンを開発した功績を讃えてのことである。

夫婦が2008年に設立したバイオンテックは、先月号に登場したmRNA(メッセンジャー・リボ核酸)ワクチンの生みの親、ハンガリー出身の女性科学者のカリコー・カタリンが副社長として籍を置くドイツのバイオ・ベンチャーである。同社は米メガファーマ(巨大製薬会社)のファイザーと提携して世界各国に新型コロナ対策の切り札となるワクチンを供給している。日本で接種が始まったのもこのワクチンだ。

FTが指摘するように、人類対コロナの壮絶な戦いの前線に立つ夫婦は多忙を極め、この1年というもの2人のプライベートな時間は、自宅のあるドイツのマインツ市で朝の5時から軽いジョギングをする小一時間に限られている。

この2人が出会っていなければバイオンテックは誕生しておらず、米国で活動の場を失いそうになっていたカリコーがドイツに渡ってmRNAの研究を続けることもできなかった。出会いは1990年代の初頭。トゥレチがドイツ南西部のホンブルクにあるザールラント大学病院の血液がん病棟で研修医として最後の年を過ごしている時だ。シャヒンはこの病院で医師として働いていた。

2人は自分たちが同じような境遇であることをきっかけに付き合い始めた。2人とも両親が経済的機会を求めて、トルコからドイツに移住した移民2世で、患者の治療に直結する応用科学に関心を持っているところも同じだった。2人は2002年に結婚した。研究に没頭するあまり、婚姻届を提出した日にも研究室に戻ったカップルの誕生は、その後の展開を考えれば、世界中に祝福されるべき出来事だった。

この続きをみるには

この続き: 809文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。