20150715BN00071_トリム済み

新天皇・雅子皇后の素顔「あの焼酎、美味しかったです」――杉良太郎【全文公開】

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。

文・杉良太郎(俳優)

画像1

 2009年2月、日本とベトナムが前年に外交関係樹立35周年を迎えたことを記念して、当時皇太子だった天皇陛下がベトナムを訪問されました。私は日本とベトナム両国の特別大使を務めており、陛下がハノイを訪れられた3日間、案内役を務めさせていただきました。

 グエン・ディン・チェウ盲学校は、視聴覚障害を持つ子供たちが学校内で生活しています。前年9月に東京で開催されたベトナムフェスティバルに、同校から一部の生徒たちが参加していたのですが、実はそこに陛下も臨席されていました。ですから学校へのご訪問は、生徒たちとの再会の場でもあったのです。

“ハプニング”が起きたのは、歓迎の演奏会でのことでした。演奏の途中で、陛下が私に「後で壇上にあがって、子供たちと会話をしてもよろしいでしょうか」とお尋ねになったのです。演奏終了後、舞台にあがられた陛下は、生徒の一人ひとりと握手をされ、通訳を介して「あなたは昨年日本にいらっしゃいましたか」などと声を掛けられていました。この登壇は予定にはなかったので、随行の方々は大慌てでした。

 陛下の意外な一面を見ることができたのは、夕食の時間でした。1日目に、私がプロデュースした焼き芋焼酎「鹿児島大地」25度をお出ししたのです。それが気に入っていただけたようで、ハノイ滞在中は何度も焼酎の話になりました。2日目の夕食では、37度の原酒をロックでお出ししたところ、「これは一際美味しいですね」と。お酒については相当造詣が深くていらっしゃると拝察しました。

 驚いたのは、最終日にお見送りをした時のことです。車に乗りこもうとした陛下が思い出したようにこちらに近寄ってこられ、「杉さん。あの焼酎、美味しかったです」とおっしゃったのです。私はハッとして、車に戻っていく陛下のもとに走っていき、「東宮様にお送りしてよろしいでしょうか」とお尋ねしました。その後、日本でもお楽しみいただけたようです。陛下のそのような素直さは、令和という時代も国民に親しまれていくことでしょう。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!



この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。