文藝春秋digital
「友の敵は必ずしも敵ではない」船橋洋一 新世界地政学130
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

「友の敵は必ずしも敵ではない」船橋洋一 新世界地政学130

文藝春秋digital
今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。

「友の敵は必ずしも敵ではない」

「もし敵の敵が友であるならば、友の敵もまた敵なのか?」

清華大学戦略安全保障研究センターの周波研究員(元人民解放軍上級大佐)は、そのように自問する。

彼はこう回答する。

「いや、必ずしもそうとは限らない……それが中国のロシア・ウクライナ戦争に対する考え方である」

ロシアは中国にとって戦略的パートナーである一方、中国はウクライナの最大の貿易相手である。中国はロシアのNATO拡大に関する「真っ当な懸念」を理解しつつ、すべての国の主権と領土は尊重されなければならないとの原則を支持する。

「この中国の中立の立場は双方が望むものではないだろうが、双方はそれを受け入れることができる」

中国は、国連総会のロシアのウクライナ侵略非難決議(今年3月2日)に棄権票を投じた。中国のほか、インド、南アフリカ、イラン、イラク、ベトナムなど35カ国が棄権した。その後の国連総会の人権理事会におけるロシアの資格停止決議(4月7日)ではブラジル、メキシコ、インドネシア、エジプト、サウジアラビアなども棄権し、棄権国は58カ国に上った。いずれの投票も賛成国が多数を占めたが、棄権組(abstain caucus)と呼ばれる国々の人口総計は世界人口の半分を占める。地域大国の多くが棄権組に回った。どうやら国際政治における新たな勢力が立ち現れつつあるようなのだ。

バイデン米大統領は、ロシアのウクライナ侵略をめぐる世界を巻き込んだ戦いを「民主主義と独裁主義、自由と抑圧、ルールに基づく秩序と武力に支配された秩序との間の戦い」と形容し、自由主義諸国(freedom-loving nations)の団結を訴えた。

しかし、インドのシブシャンカル・メノン元国家安全保障顧問は「世界の民主主義国が自由主義的国際秩序を敢然と守るため一致団結するなど、希望的観測に過ぎない。(中略)自由世界の結束どころか、この戦争はその混乱を示している」とそのような「両陣営」の見立てに異論を唱えている。

実際のところ、この戦争を民主主義陣営対専制主義陣営の戦いといった白黒に色分けするのはムリがある。棄権組というグレーゾーンが広範に広がっている。バイデン政権が昨年末にオンラインで開催した「民主主義サミット」に招待した111カ国・地域のうち、9カ国が国連総会でのロシア非難決議で棄権した。アンゴラ、アルメニア、インド、イラク、モンゴル、ナミビア、パキスタン、セネガル、南アフリカである。また、111カ国・地域のうち、人権理事会におけるロシアの資格停止決議で棄権したのは、ブラジル、インド、インドネシア、イラク、メキシコ、南アフリカ、ネパール、ガーナ、アンゴラ、ベリーズ、ボツワナ、カーボベルデ、ガイアナ、ケニアなど27カ国にもおよぶ。

画像1

この続きをみるには

この続き: 802文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。