コロナで苦しむ映画業界 同時配信にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が抗議文|Ms.メラニー
見出し画像

コロナで苦しむ映画業界 同時配信にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が抗議文|Ms.メラニー

ワーナーメディアが、2021年のワーナー劇場公開予定作品17本すべてをHBO Maxにおいて追加料金なしで同時配信する――。この一報に対し、『メッセージ』などの監督で知られるドゥニ・ヴィルヌーヴらが抗議の声をあげた。30年にわたってアカデミー賞をウォッチし続け、『なぜオスカーはおもしろいのか? 受賞予想で100倍楽しむ「アカデミー賞」』の著書があるMs.メラニーが解説する。(文・Ms.メラニー/オスカーウォッチャー)

【選んだニュース】(12月10日、米バラエティ/筆者=ドゥニ・ヴィルヌーヴ)

 12月3日に、米国大手スタジオを抱えるワーナーメディアが、2021年のワーナー劇場公開予定作品17本すべてを自身の運営する会員制ストリーミングサービスHBO Maxにおいて、追加料金なしで同時配信すると発表。初の試みとして2020年12月の無料同時配信を決めた大作『ワンダーウーマン 1984』に続いてワーナーが下した決断で、コロナ対策として2021年限定の措置というが、大きな波紋を呼んでいる。

 配信同時公開はコロナの影響が広がり始めた2020年3月から、ユニバーサルやディズニーなどのスタジオも行ってきたが、プレミアサービスとして劇場チケットと同等かそれ以上の値段を払って見る配信サービスであり、定額制配信において追加料金なしで新作を見せるのとは、興行に及ぼす影響の大きさが違う。

 この一報に対し、『メッセージ』などの監督で知られるドゥニ・ヴィルヌーヴによる猛烈な抗議文が業界誌VARIETYに掲載された。自身の新作『DUNE/デューン 砂の惑星』は、コロナの影響で公開が2021年に延期され、今回の措置で直接的な影響を受ける作品のひとつである。ヴィルヌーヴは今回の決断が、2018年にワーナーを買収したAT&Tという通信会社の生存競争のため(=2020年5月の開設以来、苦戦を続けるHBO Maxの会員数を増やすため)に17本の作品を犠牲にしたことに他ならず、映画の未来や映画ファンの気持ちを踏みにじる行為だと痛烈に批判した。彼は、大勢で一緒に笑ったり泣いたりして作品を楽しむという文化は、人間が必要とする欲望であり、配信サービスが主力になってきたとしても、娯楽大作を劇場で体感できる場所は守らなくてはならない、と言う。

 ヴィルヌーヴの手記が発表される数日前、このニュースにいち早く反応したのはクリストファー・ノーランだった。2002年以降、ワーナーと契約を結び、ほとんどの大作をワーナーのもとで作り続けているノーランは、劇場公開の重要性を訴え続ける映画人の一人である。

この続きをみるには

この続き: 693文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。