日本の顔|大下容子(テレビ朝日エグゼクティブアナウンサー)
見出し画像

日本の顔|大下容子(テレビ朝日エグゼクティブアナウンサー)

日本の顔 1枚目 MK6_8246-0

大下容子(おおしたようこ・テレビ朝日エグゼクティブアナウンサー)

柔らかな語り口でお茶の間に親しまれるテレビ朝日アナウンサーの大下容子(50)。自身の冠番組「大下容子 ワイド!スクランブル」の司会を務め、6月26日付で現役アナでは同局初の役員待遇に昇進した。

「聞いた時はビックリしました。後輩女性アナの退社が相次ぐ中で、会社に居るとこういう道もあるよ、という意味の人事なのかなと勝手に解釈しています。私はあくまで『現場代表』として、スタッフたちの声を上に伝えていきたいですね」

1993年入社の大下。「結婚も出産もなく、弊社大人気ドラマの決め台詞『私、失敗しないので』に倣えば、私、失敗しかしていない」と笑うが、

「最初は丸川(珠代)ら同期と比べても落ちこぼれで担当番組もなかったけど、地道にやっていたらチャンスを頂けるようになった。番組の司会はもう22年目ですが、新しいこと、知らないことだらけで、毎日があっという間に過ぎていきます」

日本の顔 2枚目 KCH_0464

CM中も担当ディレクターと打ち合わせ。「ここでV(TR)からスタジオに戻ります」「分かりました」。秒単位の番組進行に緊張感が漂う。

日本の顔 3枚目 MK6_8345-1

帯番組の司会は体が資本だ。行きつけのジムで腹筋トレーニング。「週6日、早朝に通っています。おかげさまで病欠はまったくありません」。

この続きをみるには

この続き: 188文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。