文藝春秋digital
100年後まで読み継ぎたい100冊 池上彰「未来を予見する」
見出し画像

100年後まで読み継ぎたい100冊 池上彰「未来を予見する」

文藝春秋digital
文・池上彰(ジャーナリスト)

未来を予見する

中国の監視社会化が一段と進むのを見ると、ジョージ・オーウェル『一九八四年』を思い起こします。こんなディストピア社会は、技術的には無理だろうと思っていたのに、ITやAIによって可能になってしまいました。人々は、「ビッグ・ブラザー」ならぬ中国共産党の監視の下で生きています。この技術は、さらに世界に拡散しつつあります。作家の想像力と先見力に脱帽です。

東京五輪の開会式の演出家がユダヤ人虐殺をお笑いにしていたことが判明したとき、その重大さに気づかない人が多かったことに衝撃を受けました。そんな人のために、ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧』は必読です。著者は、強制収容所から奇跡的な生還を果たした精神科医。収容所の人たちの絶望と希望を受け止めておきたいものです。

この続きをみるには

この続き: 373文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。