見出し画像

ベテラン皇室カメラマンが捉えた 新天皇・雅子皇后のベストスマイル12枚!【全公開】

10月22日、国内外の来賓を招き、「即位礼正殿の儀」が執り行われた。11月10日には、即位を祝うパレードが開催される。ご成婚から26年、令和の天皇皇后が歩んだ道のりは決して平坦なものではなかった。35年にわたり皇室の方々を撮影し続けたカメラマンの秘蔵写真から、おふたりの歩みを「笑顔」で振り返る。/写真・河崎文雄

 カメラマンの河崎文雄さん(74)は、週刊誌「女性自身」で昭和の時代から、35年にわたり皇室の方々を撮影し続けてきた。次の写真は、3年に兵庫県「みどりの愛護」のつどいで撮影した一枚。

画像1

「雅子さまは、普段から天皇の一歩後ろを歩かれるので、いいツーショットを撮るにはちょっとした“演出”が必要です。この時は、淡路島の郷土玩具の“じゃんけんピーヒャラ”を吹いていただくようお願いしてみました。そうしたら、本当にやってくださり、天皇はパーを、雅子さまがチョキを出し、満面の笑みを浮かべられたのです」

 河崎さんは、登山や海外訪問にも同行し、おふたりの飾らない人柄に接してきた。

「天皇は雅子さまと一緒に公務をされていると嬉しそうです。雅子さまは、海外にいる時に自然な表情になる。これからも、おふたりの笑顔をたくさん見せていただきたいですね」

画像2

那須の御用邸周辺を雅子さまの“嫁入道具”でドライブ。

画像3

94年、サウジアラビアの「赤い砂漠」でツーショットを狙う報道陣。

画像4

王族や首長の夫人らと通訳なしで懇談される雅子さま。

画像5

中東の暑さに路上でジュースを飲まれるおふたり。

画像6

ご夫妻で那須どうぶつ王国へ。

画像7

愛子さまの公園デビュー。

画像8

結婚後初となる外国ご訪問では、河崎さんの演出で“新婚旅行”にふさわしいツーショットが撮れた。

画像9

93年、明治神宮でご結婚を奉告される雅子さま。

画像10

皇太子時代には、長野パラリンピック(98年)で名誉総裁を務めた。

画像11

上皇さまと親子で登山を楽しまれたことも。

画像12

画像13

「女性自身」(光文社)で皇室カメラマンを務めた河崎文雄さん(上)と、直筆の取材メモ(下)。

画像14

99年12月のベルギー訪問でフィリップ皇太子の結婚式に参列されたときのおふたり。街を視察され、自然な笑みがこぼれる。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。