円谷英二 特撮の神様は木工所のオヤジ 宝田明 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

円谷英二 特撮の神様は木工所のオヤジ 宝田明 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
1954年11月、「ゴジラ」(本多猪四郎監督)が封切られた。特殊技術で観客の度肝を抜いたのは“特撮の神様”円谷英二(1901~1970)。この年にデビューした宝田明氏の初主演作だった。/文・宝田明(俳優)

語り部・宝田明

宝田氏

東宝に同期で入社した河内桃子さんや一期上の平田昭彦さん、「七人の侍」を撮り終えたばかりの名優・志村喬さんとの共演でした。

円谷監督に初めてお会いしたときは、感激しました。僕は戦争中に「ハワイ・マレー沖海戦」「加藤隼戦闘隊」などの戦意高揚映画を観て、真珠湾攻撃やイギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズの撃沈シーンを、空撮した実写だと思い込んでいました。その場面が特殊撮影によるもので、撮ったのが円谷監督だったと、そのときまで知らなかったんです。すごい人がいるんだなと思ったものです。

円谷監督は寡黙な方でしたが、「君は新人だろ。主役というのは大変なんだから、頑張りなさいよ」と声をかけられたのを覚えています。

本邦初の怪獣映画ですから、撮影は手探りでした。本多監督に「あの山の向こうの雲がゴジラの顔だと思ってください」と言われて演技をしている途中で、「カット! 皆さんの目線がバラバラです」と声がかかります。すると志村さんが「監督、どこにゴジラがいるんですか」。目印だった雲は、もう流れ去っていたんです(笑)。

試写を観たときは、ゴジラがかわいそうで涙が止まりませんでした。オキシジェン・デストロイヤーで白骨となって海の藻屑と消えていく姿を見たら、水爆実験で眠りから覚まされたゴジラも核の被害者だ、と同情が湧いてならなかったからです。

円谷英二

円谷英二

この続きをみるには

この続き: 171文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。