見出し画像

川口淳一郎 はやぶさを救った悔し涙 的川泰宣 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
2003年に打ち上げられ、7年越しに地球へ帰還した探査機「はやぶさ」。小惑星に着陸しサンプルを持ち帰るプロジェクトを世界で初めて成功に導いた川口淳一郎(66)の功績を、チームでともに闘った的川泰宣氏が語る。/文・的川泰宣(JAXA名誉教授)

的川泰宣

的川氏

宇宙科学研究所に入ってきた川口くんに初めて会ったときは、「ちょっと神経質そうだな」という印象でした。実際に一緒に研究をするようになると、すぐ彼が大変優秀だとわかった。しかも相当な負けず嫌い。自分にも他人にも厳しかった。

けれど、決して妥協しない姿勢は、リーダーに不可欠なものでした。予算はないけれど、性能は世界一か、それ以上のものを作らねばならない。そんな矛盾したものを求められるプロジェクトでしたから。

その彼が、一度だけ弱音を吐いたときのことはよく覚えています。2009年11月、はやぶさを地球に還すためのエンジン4基すべてが故障するという、最大の危機が訪れます。2人で記者会見に臨みました。

通常、失敗を受けての会見では記者の方から厳しい質問が飛ぶものですが、そのときは様子がちがいました。「ここまでがんばったら胸を張って凱旋すればいいですよ」となにやら優しいのです。ふと隣を見ると、川口くんが泣いている。「おかしいな、慰められて泣くような男じゃないはずだが……」

川口淳一郎

川口淳一郎

この続きをみるには

この続き: 269文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

月刊文藝春秋の新サブスク「文藝春秋 電子版」12月1日スタート!