夕立が降るたびに|桜林直子
見出し画像

夕立が降るたびに|桜林直子

◆桜林 直子(サクラバヤシ ナオコ) 
株式会社サクアバウト代表。クッキー屋の運営・企業のアドバイザー業務などを行う。noteにてコラム、エッセイなどを投稿。cakesにて作家の土門蘭さんと『そもそも交換日記』を連載中。2020年よりマンツーマン雑談企画「サクちゃん聞いて」を開始。2017年カンテレ(フジテレビ系列)TV『セブンルール』出演。2020年3月にダイヤモンド社より著書『世界は夢組と叶え組でできている』発売。

note:https://note.mu/sac_ring
Twitter:@sac_ring

★前回はこちら。
★最初から読む。

深く掘りすぎてヘンなガスでも出ているんじゃないかと心配になるほど地下深くを大江戸線は走る。仕事を終え、自宅の近所の保育園に向かう25分間は、仕事モードから家モードに切り替えるのに必要な時間だった。地下鉄の窓から見えるのが暗闇だけなのも、ワープ感があって、頭を切り替えるのに都合がよかった。

といっても、スピードモードからリラックスモードへの切り替えができるわけではなく、考える内容が変わるだけだ。保育園のお迎えの後にスーパーに寄って買うべきものがあるかどうか。帰宅してからつくる夕飯の手順。その他家事の同時進行のシミュレーション。頭を休めるわけにはいかない。

18時半のお迎えから21時の子どもの就寝までの2時間半のあいだに、ごはんをつくって食べさせ、洗濯をしながらちょっと掃除をして、お風呂に入れて寝かしつける。子どもが寝たらまた支度をして、片道小1時間をかけて職場に戻ることも少なくなかった(母が同居していたので問題はなかった)。

その日も、閉店後に各店のスタッフが集まるミーティングに参加するため、もういちど職場に戻らなければならなかった。

最寄駅から早足で(歩くのが速いのでほぼ駆け足の速さで)保育園に到着すると、時間内に間に合ったことと、娘のあーちんの顔を見たことで、ひとまず安堵する。保育士さんからその日の出来事などの報告を聞きながら帰り支度をし、あーちんは絵本を読みながらそれを待っていた。支度が終わっても、絵本を読み終わるまで「あとちょっと」「ちょっとまってね」と言うマイペースな彼女をしばらく待っていた。

キリがいいところで絵本を閉じて帰ろうとすると、わずかな間に外はものすごい勢いで雨が降っていた。雨粒が見えず視界がまっ白くなるほどの量で、雨は線ではなくカーテンのような面で降り、さながら滝の中のようだった。

この続きをみるには

この続き: 1,330文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。