見出し画像

脳梗塞──ミスターが託した日の丸|連載「長嶋茂雄と五輪の真実」#2

短期集中連載「長嶋茂雄と五輪の真実」の第2回。日の丸には、細いサインペンで「3」という数字が記されていた——。/文・鷲田康(ジャーナリスト)

※第1回を読む

緊急入院した長嶋茂雄

2004年3月4日、アテネ五輪野球日本代表監督の長嶋茂雄は東京・大田区田園調布の自宅で倒れ、新宿区河田町にある東京女子医大病院に緊急入院した。

日本代表ヘッドコーチの中畑清がその一報を聞いたのは、知り合いのスポーツ紙記者からの電話だった。

「大変なことが起こりました。長嶋さんが倒れて入院したという速報がテレビで出ています」

中畑は一瞬、何が起こっているのかを理解することができなかった。

「だってオレの知る長嶋さんには、病気というイメージなんか、これっぽっちもなかったからね。まず思ったのが『ウソだろう!』って。それしかなかったよ」

すぐさまテレビをつけた。各局のニュース番組、ワイドショーでは神妙な面持ちでアナウンサーが「長嶋入院」の速報を伝えていた。入院先の東京女子医大病院の周りにはすでにテレビの中継車が繰り出し、画面からは詰めかけた新聞記者やマスコミ関係者で騒然とした雰囲気に包まれる様子が伝えられていた。

「最初は現実をなかなか受け入れられなかった。でもよくよく考えてみると、長嶋さんは代表監督になってから、病気になるような世界でずっとやってきたのは確かだったなと思ったんだ」

中畑の頭にはある出来事が引っかかっていた。

アテネ五輪への出場権を獲得した03年11月のアジア最終予選(アジア野球選手権)。大会後に長嶋が極秘入院をしていたという話を聞いていたからだった。

「やっぱりあの予選で心身ともにかなり疲れ切っていたんだよな。倒れる前の2月には一緒に12球団のキャンプ視察にもいったけど、かなりハードスケジュールだった。長嶋さんも相当疲れていたと思うけど、あの人はかっこつけるんだ。キャンプを回りながら、12球団の関係者や選手に愛想を振り撒いて、元気な素振りを見せ続けていた。でも本当は(疲労を)見せない努力をしていただけで、中身はヘトヘトだったんだと思うよ」

病状は深刻だった。

倒れた翌日の5日には長男の長嶋一茂と治療にあたった東京女子医大脳神経内科教授の内山真一郎が出席して記者会見を行い、病状が説明された。

「意識は保たれているし、話にも応じている。しかし左大脳に脳梗塞の症状がある。中程度の脳梗塞で軽いとはいえないが命に危険が生じる状況ではない」

内山の説明だった。

画像1

長嶋茂雄

心原性脳塞栓とは

病名は左心房を原発とする「心原性脳塞栓症」。この会見で一茂は意識を取り戻した長嶋が「(体の)右の部分がどうしちゃったのかな? 何でこうなったんだろう?」などと語っていたことを明らかにした。意識は戻ったが、右半身の麻痺と言語への障害が出ていたのである。

脳梗塞でも心臓にできた血栓が血管を回って脳に飛んで起こる「心原性脳塞栓」は一般的に後遺症が重いと言われている。

その理由を山王病院の脳神経外科部長・高橋浩一はこう語る。

「心原性脳塞栓は血栓が脳の比較的太い血管で梗塞を起こす可能性が高く、広い範囲で虚血になることが多いからです。ほんの小さな血管が詰まった場合は、色々とカバーできることもありますが、心原性の場合は太い血管で詰まることが多く広範囲に影響が出て、後遺症も重くなりやすくなります。長嶋さんの場合は左脳が影響を受け、右利きの方はそこに言語中枢があることが多いので、右半身の麻痺と言語障害が出たのだと考えられます」

8日の球団の会見では「当初の最も危険な状況は脱しつつある」として、翌9日から初歩的なリハビリを開始することを明らかにした。ただ、11日の会見では「一部で報道されているような『驚異的な回復でどんどん良くなっている』というものではない」とメディアの過熱報道に釘を刺す場面もあった。

15日には徐々にではあるが軽いリハビリをスタート。22日には介助を受けながら病室内を初めて歩き、24日には介助なしで自力歩行できるまでになった。

この時点で病状も安定し急性期治療が終わり、次の課題はリハビリへと移っていった。

3月26日、長嶋は東京女子医大病院を退院。一旦、都内の別の病院に転院後、4月12日にはリハビリを専門とする渋谷区内の病院に移り、本格的なリハビリに取り組む生活がスタートした。

倒れてから40日目のことだった。

長嶋の脳梗塞の発症で、アテネ五輪を控える日本代表は、2つの大きな問題を抱えることになった。

一つは長嶋自身の去就問題だ。

倒れた当初から関係者の間では、代表監督は長嶋の復帰を大前提として考えていくことが確認されていた。しかしその一方で脳梗塞で右半身に麻痺があり、しかも言語にも障害が出ているという現実に、「監督続投はムリではないか」という声もあった。

長嶋に中畑も会えなかった

メディアでは03年で阪神監督を退いたばかりの星野仙一や、同じく03年で巨人監督を辞任した原辰徳ら、在野のビッグネームが“後任候補”として紙面を賑わしていた。

この続きをみるには

この続き: 7,449文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。