十八歳にして田辺聖子はすでに田辺聖子だった|梯久美子【田辺聖子「十八歳の日の記録」】
見出し画像

十八歳にして田辺聖子はすでに田辺聖子だった|梯久美子【田辺聖子「十八歳の日の記録」】

田辺聖子さんの「十八歳の日の記録」をノンフィクション作家の梯久美子氏はどのように読んだのか。

梯氏②

梯さん

お嬢様学校に在学していた田辺聖子

昭和20年4月、数え18歳の田辺聖子は、航空機のボルトとナットを作りながら、せっせと小説を書いていた。

彼女が暮らしていたのは、伊丹線の稲野駅に近い郡是塚口工場の寮である。もともとは絹靴下を作っていたこの工場は、戦時中、飛行機部品工場となっていた。そこに、田辺が在学していた樟蔭女子専門学校(現・大阪樟蔭女子大学)国文科の生徒が動員されたのだ。

樟蔭はお嬢様学校として知られ、制服は着物に緑の袴、編み上げ靴という、少女たちの憧れのスタイルだった。だが前年の昭和19年に入学した田辺がその制服を着ることができたのはほんの3か月ほどで、その後は地味なスーツになった。

入学して1年もたたないうちに動員令が下り、昭和20年の正月明けから、田辺たちは勤労学徒として工場の寮に住み込んだ。ただ、4、5月の日記を読むとわかるように、工場での作業はそれほど大変なものではなかったようで、級友との会話ものんびりしている。

週に1度ほどは家族のいる自宅に帰っているし(そこにはまだ豊かな食卓があった)、無断で工場を休んで映画を見に行ったりもしている。

小説の執筆にいそしむ余裕もあった。「エスガイの子」という小説を完成させたことが書かれているが、エスガイとはテムジン(ジンギスカン)の父の名である。

のちに田辺が当時を回想した文章によれば、これは尾崎士郎の『成吉思汗(ジンギスカン)』を読んで感激して書き始めたものだったという。

田辺は女学校時代から小説を書いており、14歳のときには『春愁蒙古史』という大作をものしている。これは、満洲や蒙古を舞台にした山中峯太郎の冒険小説や、河口慧海のチベット旅行記に熱中していた田辺が、吉川英治の『三国志』の影響を受けて書いたものだった。

国文科に入学した最初の授業で、教授から好きな作家を問われ、級友たちが漱石、鴎外、龍之介などと答える中、「吉川英治ッ!」と胸を張ったという田辺である。吉屋信子の少女小説や中原淳一のイラスト、宝塚といったロマンチックな世界を愛する一方で、血沸き肉躍る物語を好み、みずからも冒険小説や歴史小説を書いていた。

愛国心溢るる少女は戦争をどう見たか

壮大な物語に夢中になったのは、軍国少女だったことも関係している。田辺は早くから小説家を夢見ていたが、読んでいたのは小説だけではない。大川周明の『日本二千六百年史』『日本精神研究』も女学校時代に読破し、左傾する旧制高校生などに義憤を感じていたと後年回想している。

この続きをみるには

この続き: 2,607文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。